体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェ通日誌「けんちゃん声でかい」「緑の壁紙」「自動卓」「おハガキが届いた」「警視庁がまた捜査情報漏洩」「東京プレスクラブ新書創刊」「MEGWIN TVアワード2011」

けんちゃんがゲームしているところ

けんちゃん声でかい

けんちゃんがガジェ通と合流。生主のけんちゃんが生放送チーム関連の仕事を手伝ってくれることになりました。
主には出演の方ですが、放送の裏方仕事も覚えてくれるそうです。助かるなぁ。

おとついは半日ぐらいずっとゲームをしたり、機材の操作を覚えたり。今日はハニー大木氏と共にゲーム実況に出演。
写真は、ずーっとゲームをしているけんちゃん。

けんちゃんの特徴はやっぱりそのでかい声ですね。あまりに声が大きいので、音声のシゲちゃん判断でピンマイクを切っていることもあります。周りのマイクで声を拾って、それでも大きいという。でもけんちゃんいわく、この声の大きさじゃないと元気にしゃべれないそうです。試しに小さな声でしゃべってみてもらったら、すげぇ暗い感じになりました。やっぱりけんちゃんはあの声のままでよいと思います。

けんちゃんとハニー大木が出演している番組です。

【ガジェ通Live】ゲーム実況『セインツロウ ザ・サード』part2
http://live.nicovideo.jp/gate/lv74152854

緑の壁紙

緑の壁紙

仕事中にふと横山緑のパソコンの画面を見たら、なんか集合写真みたいな壁紙になってた。「なにそれ?」って壁紙を指したら、「違いますよ!」となにか焦った様子。よく見ると、こないだやったマージャン放送の出演者の楽しそうな集合写真。「あ、緑ちゃんってそういう写真、壁紙にするんだ」というと「違いますよ、マウスの操作を間違えたんすよ!」とよくわからんことを。出演者仲間の写真を壁紙にしたからって、そんなに恥ずかしがらなくてもいいのになぁ。緑氏には緑氏なりのルールがあるようで。

緑氏には他にも彼なりのルールがあり、例えば視聴者からモノや金銭は一切受け取らない、というのがあります。また、放送では思ったことをそのまま言う、しかもディスるのが流儀。もちろん緑氏のポリシーはそれでいいと思うんだけど、仕事で、ということになると、これまでのやり方では難しい。思ったことをそのまま言って、ディスることも辞さない、ということであればスポンサーは非常につきづらいですし(ていうかほぼ無理)、それでは視聴者の皆さんに課金をできるかというと、それも金銭をもらうことはルール違反なのでできない。さて、どう「仕事」にしようかというところで立ち止まっている、ってのが正直なところです。横山緑は果たして、放送者として生きて行けるのか。

もひとつ、実際に試行錯誤してみて改めて実感していること。ニコニコ生放送には個人放送者がメインの「ユーザー生放送」と、企業などが主に使っている「チャンネル放送」というのがあります。この「ユーザー放送で視聴者にウケる内容」と、「チャンネル放送でできること」との間にズレがあり、そこを埋めることはかなり難しいなぁと。もちろん、チャンネル放送=企業の方がやりやすい部分はあることはあるのですが、その恩恵って結構微々たるもので、結局ウェブとネットがより便利に使いやすくなり、そして放送機器も安価になってきましたから、個人放送でできること、その可能性がどんどん拡がってきてるわけです。そしてむしろ企業ができることはあいかわらずで、個人でできることの方が大きくなってきている。さらにそっちの方が面白くて、刺激的だと。ただ、難点を言えばそちらは消費されて終わることが多い、もしくは出しきって終わってしまうことが多いようです。そんな中でも継続できている横山緑とか、けんちゃんとか、ハニー大木とかは稀有な存在だし、他とは違う何かを持っているんだと思います。底が見えない何か、普遍的な面白さのような部分ですね。だんだん抽象的な話になってきてる気がしますが、そこを意識的に抽出できればどこで放送しても面白い放送ができるんじゃないかと思います。というわけでもう少し試行錯誤してみたいと思う次第です。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy