体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役女子大生の漫才がプロに褒められた! M-1の予選で準々決勝まで進んだアマチュア芸人、晴天サンティに迫る!

現役女子大生の漫才がプロに褒められた! M-1の予選で準々決勝まで進んだアマチュア芸人、晴天サンティに迫る! 晴天サンティインタビュー_01

お笑いの大会である、M-1グランプリ2016(以下、M-1)で、アマチュア芸人として唯一、三回戦まで進んだ女子大生がいました。そのコンビ名は、“晴天サンティ”。そんな二人の漫才が、M-1の『ナイスアマチュア賞』を受賞。インターネット上で二人の漫才が公開されました。さらにプロの芸人さんが晴天サンティの漫才を褒めたことで、今、密かに注目を浴びている二人です。

一体、晴天サンティとはどんな女子大生なのか? プロへ進む? お笑いへ取り組む姿勢は? などなど、気になる二人の現在、過去、未来についてお聞きしました。

 

注目されるきっかけとなったのは、プロ芸人さんのツイート

 

晴天サンティインタビュー_02

Q:まず、二人に起きた出来事を聞かせてください。なぜ、二人は注目を浴びているのですか?

いいもり・ななえさん(写真右。以下、いいもり):今年のM-1で、ナイスアマチュア賞をいただきました。そして予選一回戦でやった漫才が動画としてネットにアップされたんです。受賞を知った友達には、「おめでとう」と声をかけてもらえました。うれしかったです。

でも話はここからで、実はプロ芸人さんが私たちの漫才をTwitterで褒めてくれたんです! あれがきっかけで、学生お笑いをしている多くの人たちにも顔と名前を覚えてもらえたし、私たちの存在を多くの人に知ってもらうことができました。

よしおか・ひかりさん(写真左。以下、よしおか):「Twitterすごいね」「プロ芸人さんに褒められてたね」って感じで、学生お笑いの人から声をかけていただきました。

私たちは当時、学生の主催ではない、一般のお笑い大会などへ出場した経験がなかったんです。だからM-1の予選が、初めて出た一般の大会でした。あれ以来、いろいろな人に声をかけてもらえるようになって、先日も、ありがたいことにプロ芸人さんの出るテレビ番組のお笑いオーディションに挑戦させてもらえたんです。すべて、ナイスアマチュア賞をいただけたからだと思っています。

 

晴天サンティインタビュー_03

Q:二人の出会いについて聞かせてください。

いいもり:ちょうど一年前の大学二年生の12月にお笑いのライブを見るついでで、初めて、よしおかちゃんとご飯を食べに行くことになったんです。そのときに、いっぱい話をしました。

私は、東京学芸大学のお笑いサークルに所属していて、普段はサークルの仲間とコンビを組んで漫才をしていたんですが、大学の枠の外へも出て、自分の知らない舞台や場所で漫才をしてみたかったんですね。そういう話をしました。そのときに、自分と同じものをよしおかちゃんに感じたんです。一緒にお笑いをやってみたいと、そのときに初めて思いました。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。