ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ピアノインストバンド・ADAM at(アダムアット) カルメラ/JABBERLOOP/UNCHAINら参加の新作から“ダンサーとの一騎打ち”MV公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ピアノインストバンド・ADAM at(アダムアット) カルメラ/JABBERLOOP/UNCHAINら参加の新作から“ダンサーとの一騎打ち”MV公開

 スピード感溢れるピアノプレイと踊れるグルーヴのインストゥルメンタル・セッションバンド、ADAM at(アダムアット)が、2017年1月25日発売の3rdフルアルバム『Echo Night』からタイトル曲「Echo Night」のミュージックビデオを公開した。(https://youtu.be/m4xEdYEPI6k)

 固定メンバーのいない一期一会のピアノセッションバンドでありながら、ライブシーンではその躍動感あふれるインプロヴィゼーション・ミュージックによってモッシュもダイブも起きる異色のピアノインストバンドとして注目されているADAM at。今作『Echo Night』にはJABBERLOOPやカルメラなど、有名インストバンドのメンバーがサポートミュージシャンとして参加している他、人気ファンクバンド・UNCHAINのメンバーも参加しダンサブルなビートを奏でている。

 アルバムには2016年のNHKプロ野球中継のテーマとしてライブでも人気の高い「六三四」のピアノソロVer.が収録されているほか、初回限定盤は2016年のツアーファイナルの模様を収録した初のライブ映像とMV集が収録されたDVD付。CD発売に先がけて、1月6日にはタイトル曲「Echo Night」が先行配信され、1月20日にはアルバムの配信がスタートとなる。

 またアルバム発売日前日の1月24日には、渋谷LUSHにてワンマンライブイベントを実施。このイベントはLINE LIVEでも生配信される予定だ。なお会場への参加は限定150名(先着順)となっている。

◎ミュージックビデオ情報
「Echo Night」:https://youtu.be/m4xEdYEPI6k
ミュージックビデオでは都会の夜にこだまするピアノとダンスをテーマに、ニューヨークで研鑽を積んだジャズ・ダンサーP-chan(生田麗恵)がADAM atのダンサブルなパフォーマンスに合わせ、時に激しくときに優しくエネルギッシュなダンスを披露する

◎リリース情報
アルバム『Echo Night』
2017/1/25 RELEASE
<初回限定盤>CD+DVD
VIZL-1106 2,700円(tax out.)
<通常盤>CD
VICL-64712 2,200円(tax out.)

収録曲:
01.韻と楼
02.GO TO THE LAKE
03.Echo Night
04.やまねこ神楽
05.Rosetta
06,EVE
07.Tall Sun
08.Arabesque
09.ROAD OF THE TAIL
10.あきあかね
11.My Fairy Day
12.六三四(88Version)
参加ミュージシャン:
ADAM at – Piano, Keyboards, Melodion
コウタアット(Kota Hashimoto) – Guitar M-1, 3~11
エマアット(Takehisa Hashiguchi)from FAT PROP – Drums M-4, 7, 9, 10
ラッキーアット(Yuki Fukada)from DALLAX – Bass M-3, 4, 7, 9
ユウキアット(Yuki Nagata)from JABBERLOOP – Bass M-1, 2, 8
ヨウヘイアット(Yohei Saito)- Drums M-1, 2, 8
ヒデヤアット(Hideya Miyoshi)from カルメラ – Bass M-5, 6, 11
いがっちょアット(Keisuke Nishii)from カルメラ – Drums M-5, 6, 11
ヒロシアット(Hiroshi Sasaki)- Guitar M-2,7
タニアット(Hiroaki Tani)from UNCHAIN – Bass M-9
ユウダイアット(Yudai Yamada)from I-RabBits – Drums M-3
初回盤DVD収録曲:
「LIVE VIDEO(2016年6月12日下北沢 Regにて収録)」
・Oroppas
・スウィートホーム
・六三四
・ヤマネコア
・MONOLITH – ToT
「MUSIC VIDEO」
・CLOCK TOWER
・スウィートホーム

<配信>
2017年1月20日(金)配信開始
※表題曲「Echo Night」は1月6日(金)より、iTunes・レコチョク・mora他、ダウンロード型音楽配信サイト&
AppleMusic・LINE MUSIC・AWA他、定額制音楽配信サービスより配信スタート

◎イベント情報
ADAM at ニュー・アルバム『Echo Night』リリース前夜祭
2017年1月24日(火)渋谷LUSH
OPEN 19:00 START 20:00-
LINE LIVE視聴:http://bit.ly/2hOG0Br

◎ライブ情報
ワンマンツアー【ADAM at “Echo Night Tour 2017”】
4月8日(土)静岡・浜松 窓枠
4月15日(土)北海道・札幌 BESSIE HALL
5月19日(金)広島・SECOND CRUTCH
5月21日(日)福岡・INSA
6月2日(金)宮城・仙台 enn 2nd
6月15日(木)愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
6月16日(金)大阪・心斎橋 JANUS
6月25日(日)東京・下北沢 GARDEN

◎ADAM at プロフィール
キーボーディスト、ADAM at(本名のTAMADAを逆から読むとADAM atになることから命名)を中心に2011年浜松のライヴハウスでセッションバンドとして活動を開始する。ボサノヴァ、ジャズ、テクノ、スカなどの要素を取り込み、ひたすら踊れるバンドとして話題となり、全国のライヴハウスからのオファーが殺到。
会場限定で販売した3曲入りシングルは瞬く間に完売。2014年1月に発売した1stミニアルバム『Silent Hill』をインディーズで発売しロングセラーとなる。
2015年1月には、ビクターエンタテインメントより、1stフルアルバム『CLOCK TOWER』を発売しiTunesではトップ・ジャズ・アルバムになり、タワーレコードのジャズ・チャート1位となった。2015年5月NHKプロ野球放送(総合テレビ・BS1ラジオ第1)のテーマ曲を担当。テーマ曲「六三四」の配信シングルはiTunesトップ・ジャズ・シングルとなる。9月には東京JAZZフェスティバル2015に出演し、フリーライヴ会場での即売CDは売り切れとなる。また、MINAMI WHEEL 2015他、数々のサーキットイベントで入場者多数のために入場制限がかかるほどの話題となる。2016年1月には2ndフルアルバム『スウィートホーム』をリリースしiTunes ジャズ・チャート、タワーレコード・ジャズ・チャートで1位となる。5月にはシンガポール公演を現地のサポート・ミュージシャンらと共に成功させている。

関連記事リンク(外部サイト)

T.M.Revolution 20周年ベスト盤アートワーク×ブランド「Smoking kills」コラボTシャツ発売
マドンナ、アリアナとダンスを練習する動画を公開
ペンタトニックス 最新クリスマスMVは驚きの360度VR動画! LEGOとコラボしたヴァーチャル世界公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。