ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Motorola、Moto Modsの第一回ハッカソンの優秀作品を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Motorola が同社のフラッグシップ「Moto Z」の拡張パーツ「Moto Mods」のエコシステムを強化する目的で実施した第一回目のハッカソンの優秀作品 3 点を発表しました。Moto Z では、背面のマグネットコネクタを介して接続された外付けパーツによって機能を拡張できるのが他社の機種にはない大きな特徴で、これまでに、バッテリー、プロジェクター、スピーカー、デジタルカメラ、デザインカバーなど、いくつかの Mods が発売されました。Motorola は企業や個人も Moto Mods を開発できるよう Developer Kit を公開したほか、IndieGoGo のアイデアコンペ、そして、今回のハッカソンを行うなどして、Moto Mods エコシステムの強化に取り組んでいます。今回のハッカソンで優秀作品に選ばれたのは次の 3 点で、最初は、D-A / A-D コンバータや 3.5mm オーディオジャックを備える「アドバンスドオーディオ」と呼ばれるオーディオ用 Mods です。これは、Moto Z でハイレゾ音源の再生を可能にします。Mods 内のパーツはオーディオ部品がメインなので、使用するパーツや内部設計にこだわれば、専用オーディオプレイヤーに匹敵する品質を実現できます。次は、「サイドパッド」と呼ばれるゲームコントローラーです。これは、Moto Z を横にした場合に左右にキーやボタンが位置するように設計されており、PSP のようなスタイルでゲームをプレイできるようにします。最後は、「Bella」と呼ばれるセンサー Mods です。Bella には様々なセンサーが内蔵されており、気温や湿度、皮膚の弾力、UV レベル、大気の質などを計測できるとされています。Source : Motoorla

■関連記事
SamsungはGalaxy Tab S2のAndroid 7.0ファームウェアをテスト中?
Google Playのゲーム実況イベント「Game Fest 2016 冬」が開催、年明けには大吉で5,000円分のGoogle Playクレジットがもらえる「新春ガチャみくじ in 秋葉原」が開催
Nokiaのハイスペックスマートフォン“Nokia P”の噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。