体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

消え行く地方都市を救え!劣化しない、世界で一つだけの”まちづくり”を探る『まちてん』取材レポート

161209-07

『地方創生』という言葉が登場してからしばらく経つ。筆者もいろいろな地方に行くが、活気ある地域拠点や目立つ観光向けのスポットがある一方で、そこからちょっと外れると元気のない商店街や、放棄されたらしい田畑が広がっていたりする。そして何度も聞いたのは「若い人はいないよ。仕事がないからここを出て都会に行くんだよ」という声だ。

161209-09

今回は交流、定移住や観光、金融や食などの切り口から、公民入り混じった地方創生の試みを一同に集めた2日間に渡るフォーラム『まちてん』を取材した。筆者が聴いたは、1つのテーマに付き5人の登壇者が10分ごとに目まぐるしくプレゼンする、いわゆる『TED』型のカンファレンス。そのうち『ツーリズム(観光)』と『食・農林業』の中から興味深かったものを紹介したい。

「コピペは劣化する」オリジナルの強みを活かす体験型の旅

161209-13

まずは『ツーリズム』について。日本の各地方が抱える豊かな自然と、変化に飛んだ気候風土、そこに根付く文化や食は地方活性化を図る上で欠かせない宝の山だ。しかし、旅行というとだいたい”神社仏閣、観光スポット、グルメ、あれば温泉”のパターンがあまりにも多いことに気づく。困ったことに、日本全国どこにいっても、神社仏閣も観光スポットも美味しいものも、それなりに存在するのも事実だ。

当たり前の旅行に飽きた今、「どこに行けばその地方を本当に体験したことになるか」が一つの焦点だ。さまざまな体験型レジャーをネット予約できる『アソビュー』では、ラフティングやパラグライダーなどのアクティビティをはじめ、陶芸やアクセサリー作りなどの工房体験なども多く紹介している。ただ見る・食べるから、実際に体で感じたスリルや、自分の手で作ったモノをお土産にできる楽しさが人気なのだろう。

他方、旅行先やリゾート地として価値が見出されていない土地はどうだろう。編集者を経験後、2004年に南魚沼に移住し、話題の宿『里山十帖』を営む岩佐さんはこう語る。

161209-01

「新潟県は県の魅力度ランキングで35位、外国人が興味を持っている都道府県ランキングでも37位。都道府県別宿泊施設の客室稼働率を見ると、旅館は46位、ビジネスホテルは43位。実際、南魚沼市には良いものがたくさんありますが、リゾートと呼ぶには程遠いような土地なのです」

161209-02

筆者も南魚沼市の観光スポット『塩沢宿牧之通り』に行ったことがある。かつての宿場町を再現した、江戸時代風のデザインの町並みが印象的だった。が、それ以外の印象は、4月中旬だったのにまだ根雪の残る場所があったこと、ICの所に雪国まいたけの工場があったこと、お米やお酒の看板があったことを覚えているくらいだ。

161209-14

そんな南魚沼市にありながら、『里山十帖』は、開業3ヶ月から常に客室稼働率は90%、雑誌の総合満足度ランキングで3位、食事が美味しい宿では1位を獲得した。人気の秘密はどこにあるのだろう。岩佐さんはこう語る。

161209-15

「都会から来るお客さんが「はじめて!」「面白い!」「珍しい!」と思ってくれること、それが何よりもラグジュアリーなことだと思っています」。農作業や地元ならではの野菜を使った料理、里山十帖でしかできない体験を求めて、人々がやってくる。地域の人達には仕事が生まれ、地域が活性化していく仕組みだ。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy