ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

投球練習に最適!スピードやスピンを可視化するスマート野球ボール「Strike」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Strike4プロ野球のゲームでは、投手が球を投げるとすぐにスピードなどが表示される。これは、高価な専用機器を使って分析されるからだ。

スピードに加え、球の回転数や変化球の曲がり具合などもピッチングでは重要な要素。それらを個人の練習でも知ることができるスマートな野球ボール「Strike」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

・球の軌道も測定

Strikeは、白地に水色のステッチが施された一見何の変哲もない野球ボールだが、各種センサーを内蔵し、Bluetoothでスマホなどの端末と連携する。

Strike2測定できるのは速度やスピン数。また、球の軌道を立体的に記録し、ゾーン判定や回転軸などの分析も可能となっている。

測定データはすべてワイヤレスで端末に送られ、ユーザーはアプリで自分のピッチングを正確に知ることができるというわけだ。

・ピッチング分析の強い味方!

Strikeのアプリはまた、ピッチングの過去データを保存するので、いつでも投球を振り返れる。

Strike3例えば、1週間前に比べてどれくらいストライクが投げられるようになっているかなどを、自分で記録しなくてもわかるのは便利だろう。さまざまな方向から分析することで、ピッチングの向上に役立てられるはずだ。

・充電もワイヤレス

Strikeは専用パッドに乗せるだけで充電でき、フル充電すると最大12時間使用できる。

サイズは周囲9インチ(22.9センチ)、重さは5オンス(141.7グラム)とメジャーの公式ボールと同じ。

台湾のスタートアップが手がけたこのスマート野球ボール、Kickstarterでは現在99ドル(約1万1000円)〜となっていて、出資期限は2月3日。ピッチング改善に真剣に取組んでいる人は要チェックだ。

Strike/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/1655153/video-730686-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。