体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

茅ヶ崎のココを知らないってモグリ? 訪れる全員が大満足! 食と酒のパラダイス!【友美がゆく! 東京の蔵元が通う地元メシ】

f:id:mesitsu_lc:20161027234955j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの友美です。今回やってきたのは神奈川県茅ヶ崎市です。サザンビーチが有名な、みんな憧れのあの地ですよ!

今回の舞台は、ナント酒蔵そのもの!

今回地元メシを食べにうかがったのは、酒蔵です。

遠くからでも見える、蔵のシンボルである高い煙突が目印ですよ。f:id:mesitsu_lc:20161027231413j:plain

入口がもうほんと……とにかくオシャレ!

外国みたい……。もう、何の取材でどこに来たのかも忘れそう。

これはデートでここに誘ったら、絶対にイケる! ハイセンスさ。

お店に入る前から、彼女はあなたにメロメロに違いありません!(未保障)

f:id:mesitsu_lc:20161027231219j:plain

4蔵目:神奈川県茅ケ崎「天青」熊澤酒造

こちらの敷地内にある【 1酒蔵+1ビール工房】+【2レストラン+1パン屋さん+1カフェ】その全てを運営するのが、熊澤酒造です。

1872年(明治5年)創業。現在では湘南に残る最後の日本酒蔵となりました。代表取締役は代々襲名をするので歴代みんな「熊澤茂吉」氏。各店舗名に「Mokichi」としつこい程に使われるのはそのためです。造っている日本酒の代表銘柄は、県内向けには「曙光」、県外向けには「天青」。ビールは「湘南ビール」。

f:id:mesitsu_lc:20161027231235j:plain

敷地の全貌はこんな感じ。

f:id:mesitsu_lc:20161027231248j:plain

▲Mokichi Wurst cafe

ガラス張りの、まるで海外にあるお店のような佇まいをしたカフェ。

f:id:mesitsu_lc:20161027231354j:plain

▲Mokichi Wrust cafeのひろーいテラス席

ここなら 小さなお子さん連れでも、周りを気にしなくていいから安心です。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。