体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

生活・趣味

かつてイスラム王朝が支配したスペイン南部のアンダルシア地方。イスラム文化の影響が残る独特のエキゾチックな風景が訪れる人々を魅了して止みません。そんなアンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産をご紹介しましょう。

アルハンブラ宮殿とアルバイシン

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産
シエラ・ネバダ山脈のふもとに位置するグラナダは、ナスル朝グラナダ王国の都として栄えた歴史をもつ街。1492年のグラナダ陥落まで、イベリア半島におけるイスラム支配の最後の砦として、栄華を極めました。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産
グラナダの代名詞、アルハンブラ宮殿はアンダルシア観光のハイライト。1232年に王位についたナスル朝の初代王ムハンマド1世の命によって建設が始まり、7代王ムハンマド5世の時代にようやく完成を見ました。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産
アルハンブラ宮殿にある建造物のなかでも、イスラム芸術の粋を集めたナスル宮殿は、まさに千夜一夜の世界。あまりの美しさから、「王は魔法を使って宮殿を完成させた」とまで言われたのだとか。精緻な職人技が細部まで行き届いた幻想的な空間は圧巻です。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産
アルハンブラ宮殿とあわせて世界遺産に登録されているのが、11世紀にイスラム教徒によって築かれた、グラナダで最も古い街並みが残るアルバイシン地区。迷路のように入り組んだ狭い路地を歩けばタイムスリップしたような気分に。高台の展望台からはアルハンブラ宮殿が一望できます。

もっと詳しく知りたい人は「千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿」も合わせてどうぞ。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
【保存版】一瞬で恋に落ちる、世界の白い町と村
千夜一夜物語の世界へ迷い込む、スペインのアルハンブラ宮殿
歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選2

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会