ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【Interview】電子機器不要でプログラミングを習得!遊び感覚で学べるロボット教材「PETS」に密着

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

pets_1パソコンもタブレットも使わず、ただ触って動かすだけで、プログラミングを習得できる。幼い子どもはもちろん、大人にとってもうれしいプログラミング学習用ロボット「PETS(ペッツ)」が、先行予約販売の受け付けを開始した。

これまで国内各地のワークショップでしか、お目にかかれなかった本品。ユーザーからの熱い要望に応え、晴れて正式販売する運びとなった。

開発元は、for Our Kids。「PETS」の製作に当たっていた企業、デザイニウムの出資を受けて、今年6月に設立された。取材に応じてくれたのは、代表取締役の中尾 瑛佑(なかお ようすけ)氏。開発の経緯や苦労など、さまざまな話を聞くことができた。

・ブロックの組み合わせで体感的にプログラミングを学ぶ

Q1:まずは、製品開発のきっかけと経緯からお聞かせください。

pets_2「PETS」のハードの部分が形成されたのは、2015年頃です。「最初に子どもたちにプログラミングを教えるのに、適した教材は何か?」という問いかけから生まれました。

その後、Tokyo Motion Control Network(T.M.C.N)という、センサーデバイス好きのコミュニティでワークショップを開催してみよう、という流れになりました。そこに参加していた私が、合同会社ザワッグルという教材を開発する会社で、新たにArduinoを子どもたちに教える教材の開発をしていたところ、T.M.C.Nの理事長の目にとまり、カリキュラムを開発してほしいと、声をかけられたのがきっかけです。

Q2:ネットワークも電子機器も一切不要で、プログラミングが学べるそうですが、どのようにして知識を習得するのでしょうか。稼働の仕組みと併せて、教えてください。

pets_3「PETS」と呼ばれるロボットの上に、3個のブロックを差し込めるエリアと、9個のブロックを差し込めるエリアがついています。

そこに、命令ブロックと呼ばれる前進、後退、左折、右折、ループを呼び出すブロックを組み合わせて、課題カードに書かれているコースをクリアしていく過程で、プログラミング的な考え方を、体感的に学んでもらう仕組みです。

・初回バージョンは1月下旬頃から順次出荷

Q3:開発に当たって最も苦労したのは、どんなところですか。

pets_4やはり、ハード、ソフトの両面において、リアルな体験の中から生まれる想定外の出来事を繰り返しながら、チューニングしていく作業が大変でした。

ハードウェアにおいても、小さな子どもは前と後ろといった区別がつきにくいため、ブロックの形などもわかりやすいように、形状を変更しています。

カリキュラムでは、子どもが主体的に課題を解いていく過程で、自分で気づいたり、ものの見方を発見することを狙いました。その狙い通りになっているか、細かく難易度調整したり、説明の仕方なども変更しています。毎回ワークショップのたびに、カリキュラムを一から作り直していました。

Q4:製品の正式出荷は、いつ頃になるのでしょうか。それまでの展開と併せて教えてください。

pets_5今回のバージョンは、1月下旬頃から順次、出荷する予定です。

その後は、お客さまからフィードバックをいただきながら、大量出荷できる体制やプロダクトレベルを引き上げて、来年3月に、海外のクラウドファンディングに出す予定です。それを受けた後、来年の中頃から、正式に展開していくつもりです。

段ボールのおもちゃ箱のような、素朴さがかわいい「PETS」。初めてプログラミングに触れる子どもたちには、ぴったりの形状だ。どんな勉強でも大切なのは、楽しむこと。そんな要素が、本品には余すことなく表現されている。(取材・文 乾 雅美)

PETS(先行予約販売サイト)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。