ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2016年一番売れた本は? あの話題作、注目作がトップ10入り

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2016年一番売れた本は? あの話題作、注目作がトップ10入り

今年もいよいよ最後の月ということで、仕事もプライベートも一年間のまとめの時期。

本の世界も同様で、書店に行けば「2016 年間ベストセラー」の文字がちらほら見え始めている。

本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』(宮下奈都著、文藝春秋刊)や、芥川賞の『コンビニ人間』など、出版不況と言われるなかでもベストセラー書籍が何冊も登場した2016年。果たして「一番売れた本」は何なのか。

書籍取次大手「トーハン」が発表した年間ベストセラーランキングによると、1位は『天才』(石原慎太郎著、幻冬舎刊)。強烈なリーダーシップをもった伝説的政治家・田中角栄の生涯を、田中の生前は「反田中」の筆頭だった石原慎太郎が描いたノンフィクションだ。

2位には、昨年11月に発売され、「子どもの寝かしつけに効果絶大な本」として大きな反響があった『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン著、三橋美穂監訳、飛鳥新社刊)がランクイン。

この他にも、『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部<特別リハーサル版>』や、『君の膵臓を食べたい』、前述の『羊と鋼の森』、『コンビニ人間』などがトップ10入りしている。

トーハン発表のベストセラーランキングは以下の通り。

1.『天才』(石原慎太郎著、幻冬舎刊)

2.『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(カール=ヨハン・エリーン著、三橋美穂監訳、飛鳥新社刊)

3.『正義の法 憎しみを超えて、愛を取れ』(大川隆法著、幸福の科学出版刊)

4.『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部〈特別リハーサル版〉』(J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン著、松岡佑子訳)

5.『君の膵臓をたべたい』(住野よる著、双葉社刊)

6.『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』(Eiko著、サンマーク出版刊)

7.『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』『幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え(2)』(岸見一郎、古賀史健著、ダイヤモンド社刊)

8.『羊と鋼の森』(宮下奈都著、文藝春秋刊)

9.『新・人間革命 (28)』(池田大作著、聖教新聞社刊)

10.『コンビニ人間』(村田沙耶香著、文藝春秋刊)

11.『つくおき 週末まとめて作り置きレシピ』『もっとつくおき もっとかんたん、もっとおいしい』(nozomi著、光文社刊)

12.『火花』(又吉直樹著、文藝春秋刊)

13.『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(橘玲著、新潮社刊)

14.『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子著、幻冬舎刊)

15.『池田SGI会長指導集 幸福の花束』(創価学会婦人部編、聖教新聞社刊)

16.『九十歳。何がめでたい』(佐藤愛子著、小学館刊)

17.『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』(かがくいひろし作、ブロンズ新社刊)

18.『また、同じ夢を見ていた』(住野よる著、双葉社刊)

19.『京都ぎらい』(井上章一著、朝日新聞出版刊)

20.『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和著、サンマーク出版刊)

トーハン:2016年 年間ベストセラー<総合>より)

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

DAIGOが自身初の絵本を自賛「まじでKSK」

村上春樹 7年ぶりの本格長編を2017年2月に刊行

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。