ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「やる気はあるのに動けない」状態から抜け出す3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

やる気はあるのに動けない
「部屋の片付けをしたいのに、できていない…」
「勉強しなきゃと分かっているんだけど、ついついサボっちゃう…」
「ダイエットのためにウォーキングしたいけど、3日坊主になっちゃう…」

「やる気」はある。
でも、動けない。

こういうことって、誰にでもあるものです。
しかし周りには、どんどん行動して大きな結果を出す人もいますよね。
私たちは、どうすれば「やる気」を「行動」に変えられるのでしょうか?

スポーツ心理学者・メンタルカウンセラーの児玉光雄さんの本『「やる気はあるのに動けない」そんな自分を操るコツ(※)』から、3つのコツを紹介しましょう。
※ https://www.amazon.co.jp/dp/479738915X

1.「声出し」で身体はやる気モードに変わる

Young man singing rock in microphone
どんな団体スポーツでも、小声でコンタクトをとっているチームが、大声で指示を出し合っているチームに勝つことはありません。また、肉体的に疲れてくると、やる気や集中力が低下します。そのようなときに、声を出すことによって身体はやる気モードに変わるのです。
P.37

バイト中、疲れてくることもあるでしょう。
そんなときこそ、いつもより大きな声で
「いらっしゃいませ!」
「ありがとうございました!」
と言ってみてはどうでしょう?

元気だから大きな声が出せることもあるでしょう。
でも、大きな声を出すから元気になれることもあるのです。

2.行動に移せない時には「今日だけは…」と唱えてみる

happy gesturing smiling young woman
毎日ウォーキングするという完璧主義ではなく、「とりあえず今日の朝だけはウォーキングしよう」と唱えてベッドから起きる「ゆるい習慣」を身につけましょう。逃げ道を作ることで持続力が保たれ、その結果、行動を習慣化させることができるようになるのです。
P.41

「今日だけは…」と思えば、ちょっと頑張れそうですね。
先に紹介した通り「声出しで身体はやる気モードに変わる」のですから、実際に「今日だけは…」と声に出してみるのが良いでしょう。

完璧主義だと「毎日必ずウォーキングする!」と決めてしまいがち。その結果、できなかった日があるとそこで心が折れ、ウォーキングをやめてしまうことがあるのです。
しかし「ゆるい習慣」と考えていれば、ウォーキングできなかった次の日も、「今日はやろう!」と思えるでしょう。

3.「いつまでにどれくらい」を小刻みに設定すると、行動につながる

Words goal setting and smart with notebook
期限を定めることで、行動力につながります。
P.62

「1年間で12kgやせよう」と目標を設定するのと、「1カ月で1kgずつやせよう」と設定するのとでは、どちらが続けやすいと思いますか?
(中略)
1年を通して何かに挑戦し続けられるほど、人間の意志は強くありません。実現が困難に思えてしまうような目標を掲げて、3日坊主に終わるくらいなら、より簡単に見える目標に置き換えるべきです。
P.63

「今より痩せたい」という目標ではあいまいすぎて、なかなかやる気が出ません。
「1年間で12kgやせよう」なら具体的。しかし、ゴールが遠すぎるのです。
「1カ月で1kgずつやせよう」「半月後には0.5kgやせていよう」と小刻みに目標設定すれば、近い目標が明確になり、やる気が出ますね。

まとめ

1.「声出し」で身体はやる気モードに変わる
2.行動に移せない時には「今日だけは…」と唱えてみる
3.「いつまでにどれくらい」を小刻みに設定すると行動につながる

どれも難しくありませんね?
「やる気はあるのに動けない」、そんな自分を操り、やりたいことをどんどん実現させていきましょう!

 
※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。