ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

100万台のAndroidデバイスからGoogleアカウントが流出する可能性、新種のマルウェア“Gooligan”が発見される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イスラエルのセキュリティ企業 Check Point は 11 月 30 日、Android デバイスにおいて Google アカウントを盗み取るマルウェアの発生を報告しました。“Gooligan“ と名付けられたマルウェアは、昨年話題となった “Ghost Push” をベースにした不正プログラムです。これをインストールしてしまうと、Google アプリのアカウントトークンを傍受して乗っ取りを試みます。“Gooligan“ は野良アプリなどに仕込まれるマルウェアで、インストールされたスマートフォンにルートキットをインストールして API トリックを使用しウィルスアプリからの検出から逃れようとします。この問題の対象は Android 5.x Lollipop 以前で、Android 6.0 以上は安全だと言われていますが、同社によると、100万台以上の Android デバイスが影響を受けるとされています。Source : Check Point

■関連記事
OnePlus 3にAndroid 7.0 Nougatベースのベータ版ROMが配信開始
YouTube、ライブストリーミングの4K対応を開始
スマートフォンやケーブルを挟んで固定できるマウスパッド「POKEY マルチ マウスパッド」が発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。