ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ペルー】大自然のアマゾン川!さまざまな動物と出会えるツアーに参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

世界一長いアマゾン川。南米の地図を見てみると、支流からの細かい枝葉を含め、アマゾン流域の熱帯密林は南米大陸の半分を覆っているのではないかというくらい! それほど広大なアマゾン川ツアーの拠点となる都市は、さすが何カ国にもまたがっていて、ブラジルのマナウス、コロンビアのレティシア、ボリビアのルレナバケ、そしてペルーはここイキトスからツアーに参加する事ができます。楽しみにしていたアマゾン川ツアー、行ってきます!!! ツアー初日。ピックアップのトゥクトゥクに乗って連れられたのは川沿いのホテル。


建物の裏手はボート乗り場に繋がっていて、ここからボートに乗り込み、いざアマゾン川へ出発!


当たったガイドさんはスペイン語の解説の後にわざわざ英語に直して説明してくれるし、仕事はできるし気配りは細やかだし、ラッキーでした! ガイドさんの力量はツアーの善し悪しを左右しますからね!

ところで、私にとってこのツアー最大の目的は「ピンクドルフィン」を見る事! アマゾン川には、なんとピンク色の川イルカが生息しているというじゃないですか! 見たい。絶対に見たいピンクドルフィン! ツアー会社の人はもちろん100%ではない、とは言っていましたが、はたしてピンクドルフィンに遭遇する事はできるのでしょうか? 日頃の行い次第かしら!? 大きな川をエンジン音を鳴らしてグングン進んでいたのですが、ちょうど支流が分かれる分岐点辺りでボートの速度が急に弱まりました。この辺がドルフィンスポットの一つらしい。ガイドさんが口笛を鳴らし、キョロキョロと周囲を見回してドルフィンを探しています。よーく目を凝らすと、遠く水面を跳ねる影が! なんと、早速ドルフィンが私たちの前に姿を現してくれたようです! でも、あれ、ピンク? 遠くてよく分かんないよ! とりあえず数枚シャッターを切ってみる。


のちのち見返した写真をトリミング。確かに二匹のイルカが水面から顔を出しています。右は確実に黒。左は、ピンク・・・!? ん~なんとも言えない。これはピンクイルカ認定ならず、かな。もうちょっと至近距離で認識できないとな。一泊二日の限られた時間の中で、ピンクドルフィンが姿を現してくれるといいけど! 再び、ボートは速度を上げて進みます。しばらくしてボートは岸へ停泊。目的地へ到着したようです。ボートを降りて森の中へ続く遊歩道を抜けると、CUMACEBA LODGE。そこは、本日宿泊するロッジでした。


ひとつひとつ独立した小屋のお部屋。


室内には一切電気はないけれど、シャワートイレ付きだしタオルも用意されているし、アマゾン川で寝泊まりする分には十分快適!


広~い共用スペースでいただいたランチは想像を遥かに越える美味しさでした。ガイドさんもいいし、お部屋もご飯も合格点。一泊二日、何不自由なく過ごせそうです。ボートに戻り、次に訪れたのは、アマゾンの生き物と触れ合える動物園!?


イタズラ好きのお猿軍団。


虹色のパパガヨちゃん。柵のない敷地内で放し飼いにされている動物たちが自由自在にあちこちを動き回っているのですが、特に人気なのがやはり、お触りコーナーです! ふれあいコーナーの中でも、特に皆の視線を一身に集めていたのがこれ、ナマケモノですって!


はぁぁ、可愛い!!! 私、多分こんなに間近にナマケモノを見たの、初めて! 動物園を後にして、お次は夕焼けハント。一日の仕事を終えた太陽がゆっくりと沈む。サンセットはどんなシチュエーションで見てもドラマチックだなぁと思います。


真っ暗になる前にボートを出して、ロッジへ戻らなければなりません。日が沈み切る前に出発です。こうして一日目が終了。

[寄稿者:uca]
■あわせて読みたい
夢にまで見た絶景をラクして楽しむ!怠け者のための極上冒険ツアー5選
http://tabizine.jp/2015/12/21/51318/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP