ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国最古の蒸留所が造るプレミアム バーボン・ウイスキー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Rémy Cointreau Japan(レミー コアントロー ジャパン)から、Buffalo Trace(バッファロートレース)蒸留所が造るプレミアム バーボン・ウイスキー「E.H. テイラーJr.」の3種「E.H.テイラーJr. スモール・バッチ」、「同 シングル・バレル」、「同 ストレート・ライ」が11月28日(月)から登場。

蒸留所O.F.C(Old Fashioned Copper)を設立したエドムンド・ヘインズ・テイラー・ジュニア大佐(Colonel Edmund Haynes Taylor, Jr.)の功績を称えて発売されたシリーズ。

選び抜かれた樽で造られる「E.H.テイラーJr. スモール・バッチ」(750ml/50度/税別8500円)は、Paul Pacult’s Spirit Journal 5つ星(最高評価)に輝く一品。

「E.H.テイラーJr. シングル・バレル」(750ml/50度/税別9500円)は、100年以上前のE.H テイラー オリジナルボトルデザインのオマージュ。2016 Los Angeles International Spirits CompetitionでBest of Category(金賞)を受賞した。

ライ麦と大麦麦芽だけを使った「E.H.テイラーJr. ストレート・ライ」(750ml/50度/税別1万500円)は、100年以上前にE.Hテイラーが造り上げたスタイル。Paul Pacult’s Spirit Journal5つ星(最高評価)を獲得。

エドムンド・ヘインズ・テイラー・ジュニア大佐はバーボン・ウイスキー業界の父と称される人物。アメリカ最古の蒸留所が造り出すバーボン・ウイスキーの実力を堪能してみたい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP