体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

村上春樹 7年ぶりの本格長編を2017年2月に刊行

村上春樹 7年ぶりの本格長編を2017年2月に刊行

小説家・村上春樹さん新作長編が2017年2月に新潮社から刊行されることが分かった。

新潮社によれば、村上氏としては一大ブームとなった『1Q84』(新潮社刊)から7年ぶりの本格長編で、書き下ろし2000枚の大作となるという。タイトルや発売日は明かされていないが、全2巻で発売予定だ。

『1Q84』が全3冊で刊行部数が約400万部、文庫版も全6冊で450万部という記録的な大ヒットとなっただけに、今回の新作はどれほど売れるのかが注目される。

ファンとしても、村上氏が今度はどんな世界を、どんな物語を見せてくれるのか、早くも新年が楽しみなニュースなのではないだろうか。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

「働きたくなかった」山下澄人が振り返る下積み時代

作家・山下澄人が語る 「富良野塾」入塾秘話

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。