体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホクホク食材の聖地】「オブリガーダ」ですごい料理に出会う!

f:id:mesitsu_lc:20161119100402j:plain

ゴロンと登場しました。何かわかります?

これ、ゆり根 なんです!

日本全国に出荷されているゆり根の98%が、

北海道で作られているんですよ。

ゆり根とお酒の相性ときたら、もう!

日本酒にもワインにも最高です。

今回は、北海道十勝の食材が堪能できるお店、

「オブリガーダ」をご紹介します。

食を楽しみたい人にオススメの場所

f:id:mesitsu_lc:20161119100429j:plain

帯広を旅したあとは体重計に乗らないと決めている、

自分に甘いメシ通レポーター、裸電球です。

このエリア、「北海道らしい」食べものにあふれているんですよね。

北海道旅行をお考えの方にもオススメ。

帯広をはじめとする十勝地方は、食い倒れるのに最高ですよ!

さて、せっかくだったら地元の人で賑わうお店にと思い、

路面店を外して、ビルの中をウロウロ。

見つけましたよ、飲兵衛の嗅覚で!

f:id:mesitsu_lc:20161119100425j:plain

「オブリガーダ」と読みます。

えっと、なんか聞いたことあるな。

なんだっけ、なんだっけ。

そうだ、「ありがとう」だ!

ここは十勝の食材を使った料理に加え、

ブラジル料理も味わえるお店なんですって。

f:id:mesitsu_lc:20161119100426j:plain

「オブリガーダ」店主の村上さんは、

ブラジルのサンターレンに13年ほど住んでいたんですって。

ニコニコと明るく、話していると元気になれる温かい人でした。

f:id:mesitsu_lc:20161119100421j:plain

そんな経験からブラジルの家庭料理が得意ということです!

ブラジルは移住者も多く、

フロンティア精神では北海道と似たような部分を感じたそうです。

まずは「ゆり根」食べるかい?

f:id:mesitsu_lc:20161119100403j:plain

すごい大きさです!

男性の握りこぶしくらいですからね。

2Lサイズのゆり根は、

村上さんの同級生が、帯広の近隣にある幕別町で生産しているそうです。

北海道のゆり根のシェアは98%と言われています。

しかし、住んでいてもこれほど立派なゆり根にはなかなか出会えませんよ。

f:id:mesitsu_lc:20161119100402j:plain

植えてから収穫まで3年かかることで有名なゆり根。

さらに乾燥に弱く、おがくずの中で売られるなど、

なかなか手のかかる野菜ですよね。

f:id:mesitsu_lc:20161119100405j:plain

調理方法は選べるのですが、

今回は、たっぷりのチーズをかけてオーブンで焼いてもらいました。

f:id:mesitsu_lc:20161119100406j:plain

「ゆり根のラクレットチーズ 700円」です。

まず香りがすごい!

これだけで、ワインを飲んでいられそうです。

f:id:mesitsu_lc:20161119100407j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。