ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】RADWIMPS『人間開花』が総合ALチャートでも首位、星野源は約8か月ぶりにトップ10に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、RADWIMPSのニューアルバム『人間開花』がCDセールスチャートに続いて1位となり2冠を達成した。CDセールス部門では20万枚を超える数字でこの部門断トツの首位。さらにデジタル・ルックアップでもトップのポイントを稼ぎ、2位以下を大きく引き離しての総合首位獲得となった。また、本作のセールスに伴い、『君の名は。』が先週9位から4位にジャンプアップ。RADWIMPSの作品がトップ5内に2タイトルチャートインする結果になった。本作が『君の名は。』同様にロングヒット作品になるのか、今後の動向に注目したい。

 2位には、こちらも先週から順位を上げる形で宇多田ヒカル『Fantome』が入った。リリースから約2か月が経過したが、セールス7位、デジタル3位、ルックアップ2位と、いまだに各指標でバランス良くポイントを積み上げ続けている。そして、ブルーノ・マーズ『24K・マジック』は、先週同様3位に。ブルーノ・マーズは、2週続けてトップ3をキープすることができる、数少ない洋楽アーティストと言えそうだ。

 星野源が去年12月にリリースしたアルバム『YELLOW DANCER』が2016年3月28日付以来にトップ10に戻ってきた。デジタルとルックアップでポイントを伸ばしており、ヒット中の「恋」の影響で、過去の作品にも注目が集まったと考えられる。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『人間開花』RADWIMPS
2位『Fantome』宇多田ヒカル
3位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
4位『君の名は。』RADWIMPS
5位『スナックJUJU ~夜のRequest~』JUJU
6位『DAWN』AK-69
7位『YELLOW DANCER』星野源
8位『CRADLE OF ETERNITY』鈴華ゆう子
9位『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』中島みゆき
10位『Are You Happy?』嵐
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

12月5日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】RADWIMPS『人間開花』が206,091枚を売り上げアルバム・セールス1位
RADWIMPSがFM802番組公開収録で学校訪問&当日の模様をOA

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP