ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬到来!ホテルでスパイシーなケイジャン料理に舌鼓

DATE:
  • ガジェット通信を≫


11月なのに雪が降るなど、類まれなる寒さを記録した今年の東京。年末年始は厳冬になりそうな予感…!?

そんな凍えるような季節にウレシイ、体の芯から温まりそうなシーズナルメニューが「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」内の「Dining & Bar LAVAROCK (ダイニング&バー ラヴァロック)」にてスタートする。

メニューのテーマは「LOUISIANA ATTRACTIONS」。にぎやかで楽しいアメリカンダイニングのような店内で、ルイジアナのケイジャン料理をはじめとするホット&スパイシーな料理の数々が、LAVAROCK流にアレンジして提供されるという。


「LAVAROCK GRILL GUMBO(ラヴァロック グリル ガンボ)」は、オクラでとろみをつけた具だくさんのガンボスープと溶岩石でグリルしたジューシーなメニューを同時に楽しめる一品。グリル料理は3種(チキン・ビーフ・シーフード)よりチョイス可能。


「WINTER LOUISIANA SEAFOOD (ウインター ルイジアナ シーフード)」は、スパイシーな魚介類を豪快に手づかみで食すボイルメニュー。オマール海老やイカ、ムール貝等の魚介類をふんだんに使用しており、辛さはマイルド。


「DYNAMIC SHRIMP PO-BOY(ダイナミック シュリンプ ポーボーイ)」は、揚げた魚介類と野菜をフランスパンではさんだ、ニューオーリンズのファストフード。LAVAROCKでは、クリスピーな小エビのフライをふんだんに使用してアレンジ。


ほかにも、岩石で香ばしくグリルしたバナナとキャラメリゼが相性抜群のデザート「バナナフォスター」や、


「ハニーバターラムラテ」をはじめとするスペシャルドリンクなど、華やかなメニューがずらり。

本場さながらの雰囲気とともに、ホリデーシーズンを友人や仲間と一緒に愉快に過ごしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP