体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光の道の参道にある「梅ヶ枝餅」ならぬ「松ヶ枝餅」とは? あのアイドルも食べた名物焼き餅【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20161019171007j:plain

国民的アイドルグループが出演した航空会社のCMで一躍有名になった、福岡県福津市・宮地嶽(みやじだけ)神社の「光の道」。10月20日前後と2月20日前後の年2回、宮地浜へ真っ直ぐ延びる1.3kmほどの参道の先に夕陽が沈み、参道を照らして「光の道」ができる。このCMでも食べていたのが門前町の名物・「松ヶ枝餅」だ。

「え、梅ヶ枝餅じゃなくて?」って、馴染みのない人には聞き慣れない名前かもしれないけど、梅ヶ枝餅は太宰府の名物。「松ヶ枝餅」は宮地嶽神社の社紋・三階松の型がついて「松ヶ枝餅」なのだ。ちなみにアイドル達は「温かいね」なんてのんきなことを言ってたけど、「松ヶ枝餅」は焼き餅なので、焼きたてだったら素手では持てないくらいにアツアツのはずなんですが……。

宮地嶽神社はおよそ1600年前に創建されたという、息長足比売命(おきながたらしひめのみこと=神功皇后)を祭る由緒正しい神社。あのCM以来、女性の参拝客が増えたそうで、この日も若者からおばさままで女性グループが参道の階段のあたりをうろうろしていた。

f:id:mesitsu_lb:20161019171000j:plain

宮地嶽神社のシンボル、直径2.6m、長さ11m、重さ3tの日本一の大注連縄。

f:id:mesitsu_lb:20161019170957j:plain

境内にある神馬像。腹に社紋の三階松が入っている。

f:id:mesitsu_lb:20161019171013j:plain

CMで出てきた、宮地浜へと真っ直ぐ延びる参道。この日は10月中旬で「光の道」ができる時期に近かったんだけど、あいにくの曇天で「翳り(かげり)の道」だった(涙)。

f:id:mesitsu_lb:20161019171011j:plain

階段頂上の脇には天気が悪くて見られなかった人のためにか「光の道」の大きなパネルが設置してあって、これをスマホで撮影していく人、多数。

門前町で餅を食べる

さて、「松ヶ枝餅」。階段を下ったところに広がる門前町には「松ヶ枝餅」や土産物を売る店が軒を連ねている。その中の一軒、現在、松ヶ枝餅登録商標管理委員会の委員長を務める「宮地館」の店主・阿部剛一郎(あべこういちろう)さんに、「松ヶ枝餅」の歴史などについて話をうかがった。

f:id:mesitsu_lb:20161019171008j:plain

参道の門前町。

f:id:mesitsu_lb:20161019170955j:plain

門前町で最も神社側にある「宮地館」。

f:id:mesitsu_lb:20161019171010j:plain

奥には板間の座敷もある店内。

f:id:mesitsu_lb:20161019170958j:plain

店主の阿部さん。もともと板前さんだったそうで、お店には生け簀もあり、本格的な魚料理がいただける。

「うちは門前町では新しい方で、私で三代目なんですけど、私が聞いてる話では『松ヶ枝餅』の方が梅ヶ枝餅より古くて、氏子が宮地嶽神社にお供えするために神紋の松を入れて餅を作っていたのが『松ヶ枝餅』になったそうです」と言う阿部さん。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。