体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アイドル】“2000年に1人の美少女”drop滝口ひかりの家族話に思わずホロリ【初体験のタイ料理】

f:id:Meshi2_IB:20161028103725j:plain

原宿系アイドルの先駆け的存在である「drop」。今年8月には念願のメジャーデビューも果たし、勢いにのっている5人組アイドルグループだ。

今回登場する滝口ひかりこと“たっきー”は、「2000年に1人の美少女」と言われ、グループとしての活動以外にもソロで活動することも多い話題の美少女。

f:id:Meshi2_IB:20161028103732j:plain

そんな滝口ひかりちゃんがタイ料理に挑戦!

タイ料理は初挑戦とのことだが、果たしてどのような感想が飛び出すのか楽しみである。

2000年に1人の美少女・滝口ひかりがタイ料理に初挑戦!

今回訪れた「東京カオマンガイ」はJR神田駅からすぐそばにあるタイ料理のお店。どの料理もお手頃価格なので気軽に入りやすい。お店の名前にも掲げているとおり「カオマンガイ」が名物である。

日本人にはあまり馴染みのない「カオマンガイ」とはいったい何なのか、気になる読者も多数いることだろう。簡単に説明すると、「カオマンガイ」とはゆで鶏とそのゆで汁で炊いた白米を盛りつけた料理であり、タイだけでなく、東南アジアで非常にポピュラーな料理なのだ。

f:id:Meshi2_IB:20161028103726j:plain

まずはメインとなる鶏肉。

まるごとゆでた鶏肉を使用するのでかたくならず、やわらかいまま。肉汁も逃げないのでジューシーな味わい。

f:id:Meshi2_IB:20161028103727j:plain

本場タイでは、タレはそのお店こだわりのものが1種類だけ。だが、「東京カオマンガイ」では好みに合わせて3種類のタレを用意している。

店長:「黒ダレ」には甘いタイの醤油をベースに、お酢と「タオチオ」が少し入ってて、仕上げにしょうがと唐辛子を加えてるんですよ。黒ダレにも加えている「タオチオ」というタレはいわゆるスタンダードなタレで、このお店では「赤ダレ」と呼んでいる辛めのものです。タイの味噌がベースとなっているものに、にんにく、しょうが、とうがらしを加えています。その他にもこのお店のオリジナルで「レモンダレ」を用意していて、こちらはレモン汁にナンプラーを加えたさっぱり風味。これは辛い物が苦手な人にも食べてもらえるようにと思って用意してます。

f:id:Meshi2_IB:20161028103728j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。