体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【犬のしつけ】罰とはなにか:イアン・ダンバー博士のTEDプレゼンから学ぶ事

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

 獣医ビヘイビアリストのイアン・ダンバー博士(獣医師・動物行動学博士・ドッグトレーナー)。犬のしつけの本も多く出版され、ドッグトレーニング界では知らない人はいないほどの著名な学者さんです。

 短いプレゼンなので、どうしても抽象度の高い内容になってしまいます。しかし、とても多くの事を語っていると思います。『どうやってフレンドリーに犬を導くか[1]』これが主題になっています。氏は、犬達が如何に不当な扱いを受けているのか、しつけやトレーニングで対立する意見の不一致についてを語っています。また、犬の視点に立ってトレーニングをすることが大切だと訴えています。人間が勝手に決めたルールを犬に押し付けて、それができないと罰を与えられるといった不条理な現状についても語られています。飼い主に飛びつく子犬を「よしよし」と可愛がり報酬を与え、成犬になり犬の体重が増えてくると問題行動になり、しつけの本を読む。すると「前足を掴む、前足を強く握る、後ろ足を踏む、顔にレモン汁を吹きかける、新聞紙を丸めて頭を叩く、犬の胸をひざで蹴り上げる、犬を後ろにひっくり返す」などと酷い仕打ちを受けていると語ります。犬がモチベーションを持って取る行動を報酬として利用すれば、トレーニングはとても簡単だと、説明しています。
 本稿では、氏のTEDから注目したいことを2点ご紹介して、罰とは何なのかについて考えてみたいと思います。

プレマックの原理と罰

1,「プレマックの原理を利用するのです。基本的に、低頻度行動(犬がしたくない行動の後)に、「問題行為」と一般的に呼ばれる高頻度行動、つまり犬が好きな事をやらせます。これは低出現頻度行動を行ったことへのご褒美となります。つまり、こういうことです。「おすわり」ソファに、「おすわり」お腹をなでる、「おすわり」テニスボールをなげる、「おすわり」他の犬に挨拶する。「お尻を嗅ぐ」もちゃんと入っています。「おすわり」お尻を嗅ぐ。」

 これは、私の著書「散歩でマスターする犬のしつけ術」で詳しく実践的に説明しています。私は、執筆した時には当然プレマックの原理を知っていましたが、プレマックの原理を知る前から、この方法を考えて実行していました。今は執筆当時よりも更に進化させています。

2,「人は、罰が何なのかという事に困惑しています。 罰とは苦痛なものだと誤解しています。皆さんもそう思っているでしょうね。罰とは痛みや恐怖を伴う不快なものだとお考えでしょう。必ずしもそうとは限りません。罰には複数の定義があります。その中でも最も広く知られているのは直前の行為が以後発生する可能性が減少することを促進するという定義です。不快さや恐怖、苦痛を伴う必要はありません。私に言わせますと、必要がないなら、するべきではないのです。」

 これは、ダンバー博士の指摘の通り、多くの専門家を含む人たちが誤解をしている点ではないでしょうか。心理学では、罰は有効に働くと定義されています[2]。当然、罰に苦痛や痛み、不安を伴わせる必要はない、というのが前提です。苦痛や恐怖、不安を伴わせるよう罰は、心理学的にも人道的にも体罰であり、否定されるものです。この心理学の基本的な知識のない人は、罰=体罰であり、叱る=罰(体罰)となってしまうのでしょう。

問題行動の修正に利用する

 プレマックの原理で説明される、罰の使い方をみてみます。”『やりたい行動・自発的な行動』を後回しにして『やりたくない行動・義務的な行動』を先にさせることで、“やりたくない行動(義務的な行動)”が終わった後の報酬(正の強化)として“やりたい行動(自発的な行動)”が機能するという事である。[3]”

 この場合の罰は、やりたくない行動・義務的な行動です。このプレゼンで言えば、台所で飼い主を攻撃する犬に、少し離れた場所で「スワレ・マテ」をさせる(やりたくない行動)ことになります。痛みも恐怖も感じないでしょう。しかし、やりたい行動(台所に行きたい)は、実行できなくなるため、心理的には罰となります。こうした方法を行動療法では行動置換(ある行動を違う行動に置き換える)などと呼ぶことがあります。この場合では、台所で食事の支度をする飼い主を襲いたいという衝動を、座って待つに置き換えることを言います。じっと待つことができれば、食べ物を貰えるなどの報酬を与えます。これが成功すれば、犬の認知と行動は以下のように変容します。
 「台所で飼い主が食事の支度をする(条件)」→「食べ物が欲しい(衝動)」→「襲う(行動)」→「食べる(報酬)」というプロセスを以下のように変えます。
 「台所で飼い主が食事の支度をする(条件)」→「食べ物が欲しい(衝動)」→「待つ(行動)」→「食べる(報酬)」となります。
 
 「襲う」という行動が「待つ」に変わりました。これは逆条件付けとも呼ばれます。台所で飼い主が食事の支度をすると襲って食べるという条件を違う形(逆)にするものです。仮に罰を全面的に否定するのなら、こうした方法も取れないことになります。では、別の方法を考えてみましょう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy