ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベリーベリースープのワイン飲み放題980円+生ハム食べ放題500円がコスパ最強だった!【東京・永福町】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


気になっていた近所のノボリ旗

筆者の自宅の最寄り駅は、京王井の頭線永福町駅。急行も停まり、吉祥寺や渋谷まで一本という立地ではあるが、この駅にわざわざ降りる人は少ない。駅前に有名ラーメン店やピザ店があるくらいで、まぁどこにでもある普通の住宅街だ。

駅前から北方向に商店街が伸びているのだが、そこを歩いていて、ずっと気になっていたノボリ旗があった。

お店の名前は「ベリーベリースープ」。スープ専門のファストフード店だ。プライベートで2回ほど利用したことがあるものの、コーヒーか何かを注文したくらいだった。

永福町には数えるほどしかない、貴重なカフェだ。

ノボリには「樽詰スパークリングワイン飲み放題 980円」「生ハム食べ放題 500円」とある。合計1,480円で飲み放題・食べ放題。安い。

気になったので、夫が休みの日に付き合ってもらい、実際に行ってみた。

ちなみにこの日は平日なのに結構混んでいて、ママ友会や婦人会とおぼしき団体さん、おじいさんの一人客もいた。

店内は温かみのあるインテリアで、かわいらしいデコレーションも。カフェっぽいので、それにまぎれて罪悪感なくワインを飲めそう。

キッズ用のチェアもあり、子を持つ身としてはポイント高い。ママ友はいないけど、ママ会があったら利用しよう。

スパークリング以外に赤白ワインも飲み放題!

前会計なので、レジで2名分支払う。合わせても3,000円未満!

ノボリ旗には「スパークリングワイン飲み放題」とあったが、ほかに赤ワインと白ワインも飲み放題だそうだ。これはうれしい。

飲み放題と食べ放題は、制限時間1時間。同価格の追加料金を払えば、延長もできるそう。ちなみに生ハム食べ放題は、飲み放題を注文した人のみ頼むことができるそう。

席に着くと、さっそく生ハムとグラスが運ばれてきた。生ハムは皿が空いたら、店員さんにお願いすると追加を持ってきてくれるとのこと。

ワインは時間内なら何度でも、備え付けの樽から自由に注いでOKだって。わーい!

左はスパークリングワイン、右は白ワインと赤ワインが入っているワイン樽。単品だと1杯350円というポップが。1時間で3杯以上飲むなら、飲み放題が断然お得だ。スパークリングワインと白ワイン、赤ワインを1杯ずつ飲むだけで3杯になるし。

1杯目は、スパークリングワイン。

自分で注ぐスタイルなので、グラスたっぷりにワインを入れてみた。

よーし、いっぱい飲むぞ!!

乾杯!

スパークリングワインは甘くてフルーティーで、よく冷えていておいしい。

どれどれ、生ハムも合わせてみようか。

うん、ワインの甘さと生ハムの塩分がちょうどいい。例えると、生ハムメロンみたいな感じ。

……生ハムメロン食べたことないけど。

すぐにグラスが空いてしまったので、続いて白ワインを注ぎにいく。

うっへっへ。

こちらの白ワインの味はさっぱりしていて主張しすぎないので、生ハムの生臭さも際立たない。食事の邪魔をしないワインだ。

3杯目。赤ワイン。

濃すぎず、薄くもなく、酸も渋みもほどほどなので、ワインを普段飲まない人でも飲めそうな感じ。

実はお店に来る前にもビールとワインを飲んできたので、だんだん酔っ払ってきた。

食べ放題・飲み放題は、赤字覚悟の出血大サービスだった

ここで、店長の佐藤さんにお話をうかがった。

ーーワインの飲み放題も、生ハム食べ放題も、かなり安いですよね。なんでこんなに安いんですか?

佐藤さん:まだあまりお店が知られていないので、ノボリ旗を見て、少しでも入店していただけるきっかけになればと思って……。正直なところ、飲み放題・食べ放題だけでは赤字です。お店としてはワインと合うスープやパスタなどと一緒に楽しい時間を過ごしていただければと思っていますが……。話題や集客のためですね。

ーーそうなんですね! お客さんは平均してどれくらい飲まれるんですか?

佐藤さん:ワインは、平均5~6杯くらいですかね。一度、男性のお客様がいらしたときには、1時間で10杯じゃきかないときもありました。生ハムも10皿くらい、塩分とりすぎだろ! っていうほど召し上がっていて(笑)。生ハム目当ての女性もいらっしゃいます。いずれにしても、お店を知っていただけるきっかけになるならうれしいです。

ちなみに、何度もおかわりするのは都合が悪いかなと思ったりもしたが、店員さんは嫌な顔ひとつせず生ハムのおかわりを持ってきてくれたので、安心されたし。

一般メニューを組み合わせても◎

せっかくなので、普通のメニューも注文してみた。

パスタ&スープセット(880円)から、「槍いかと海老の蟹トマトパスタ」と、「パンプキン&コーンポタージュのスープ」。

盛り付けがきれいで食欲をそそる。

食べてみると、ファストフード店とは思えないほど、ちゃんとした味わい。トマトクリームと海鮮素材が絶妙に合う。普通にランチに来たいくらい。

こちらは、シングルセット(830円)から、「鶏肉と5種野菜の北海道スープカレー」。

パンかライスを選べたので、石窯ライ麦パンにした。インゲンやキャベツ、パプリカなどの野菜がゴロゴロ入っていて、まさに「食べるスープ」という感じ。

パンもモチモチ系でおいしい。

ほかにも「蟹とグラタンのマリアージュビスク」とか、「焦がしペッパーの焼きバーグシチュー」とか、メニュー表を見るだけでシズル感のある料理がたくさんあったので試してみたい。今度また行こうと思う。

まとめ

最終的に、1時間で5杯ずつ飲んで終わった(本当はもっとイケるかと思ったんだけど)。1時間はあっという間だったが、軽く酔っ払いたいときには、ヘタな居酒屋さんより断然安くつく。

ちなみにこの飲み放題・食べ放題は、「ベリーベリースープ」全店でやっているわけではなく、店舗によって状況が違うそうなので、最寄りのお店へ行くときには要確認を。

とりあえず、永福町店では今後も続ける予定とのことだった。周辺に住んでいない人にとっては、永福町に用事があることはあまりないと思うが、永福町店は全36席もあるので、土日以外はほぼ席が空いているという超穴場。予約もできるとのことだ。

ちなみに私はこのあとさらに飲みに行く用事があって、さらに酔っ払ってしまったのだが、そのせいでスマホを紛失して現在も戻っていない。

もうほんと、飲みすぎには注意しましょう。あと、スマホを拾ったら駅か交番に届けてくださいお願いします。

酔っ払って、帰りに撮影した猫。

お店情報

ベリーベリースープ 永福町店

住所:東京都杉並区和泉3-13-21 ヴァンテアン永福1F

電話番号:03-3323-3087

営業時間:10:00~21:30(LO 21:00)

定休日:無休(臨時休業日を除く)

ウェブサイト:http://www.soup-innovation.co.jp/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:栗本千尋

1986年生まれ。青森県八戸市出身(ですが、実家が最近なぜか仙台に引っ越しました)。情報系雑誌をはじめ、旅行やグルメ雑誌、webメディアなどでお仕事しています。旅行会社→編集プロダクション→任侠系DVD会社勤務を経て、2011年からフリーライターに。2014年に出産し、一児の母になりました。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

牛丼、自分で作ってみようじゃありませんか
【ギョギョギョ】ダイオウイカ型の巨大グミを作る【超簡単キット】
コスパも味も良し! 西友のPB「みなさまのお墨付き」開発者おすすめベスト5を実食してみた

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP