体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンケートトップの『い・ろ・は・す なし』が商品化。その味わいを発売前に検証してみた!

_dsc1242

日本コカ・コーラの天然水「い・ろ・は・す」のフレーバーウォーターシリーズから、待望の新フレーバー『い・ろ・は・す なし』が新発売! ファンの声を生かして開発されたフルーツフレーバーウォーターは、果たして期待に応えられるのか!?  発売を前に、その味わいをチェックしてみた!

ファンの期待は「もも」より「なし」!? アンケート結果から商品開発へ

実は2015年8月に「い・ろ・は・す もも」を発売する際、新フレーバーは何かを予想するアンケートをTwitter上で実施したところ「ぶどう」「もも」「うめ」を大幅に引き離し、断トツ1位に輝いたのが「なし」だった。これをきっかけに正式に開発をスタート。満を持して『い・ろ・は・す なし』(555ml・希望小売価格 税別130円・2016年11月28日発売)の発売に至ったのだ。

_dsc1210

発売前には「い・ろ・は・す もも」との飲み比べセット(写真↑)が10,000人に当たるキャンペーンを実施。当選者はTwitterで「みずみずしさがすごい!」「なし食べてるみたい」「思っていた味と違った」などと思い思いに感想をつぶやいているが、真相はいかに…?

_dsc1223

「い・ろ・は・す」のフルーツフレーバーは、国内の厳選した6箇所から採水された天然水に、フルーツエキスをプラスしたもの。阿部寛が出演する「ももっ、ももっ♪」というCMでおなじみの「い・ろ・は・す もも」は、フルーツフレーバーウォーターの販売数ナンバー1とも言われる人気ぶりだ。

_dsc1216

同シリーズは「もも」以外に「スパークリングれもん」「みかん」「りんご」があり、山梨県産ももをはじめ、それぞれ瀬戸内産れもん、愛媛県産温州みかん、長野県産ふじりんごのエキスを使用。今回発売される『い・ろ・は・す なし』には、鳥取県産のなしエキスを使っており、日本各地の名産を取り入れていることを改めて実感。果物がおいしい日本に生まれてよかったーっ!

_dsc1218

100mlあたり19kcalと低カロリーで、脂質0gというのも女性には嬉しい数字。“よく冷やして飲む”のがオススメということで、冷蔵庫で一晩冷やしてからいよいよ検証を開始。

 

優しい味だからクセになる!後味スッキリのさわやかウォーター

パッケージは、ペットボトルの軽量化を目指す「い・ろ・は・す」特有の柔らかいボトルで、見た目はもちろんクリアな天然水。フタを開けると、その風貌とは裏腹にガッツリとなしの香りが漂ってくる。

_dsc1282
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。