体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

11月29日は「いい肉の日」! 『渋谷肉横丁』で『ジントニ!!』片手に舌つづみ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気温もぐっと下がって冬の足音が近づいているだけに、エネルギーの摂取を身体が求めるこの頃。来たる11月29日は「いい肉の日」です。こんな日ばかりは、何も考えず肉に食らいつきたいところ。
そんなニーズにぴったりなのが、東京・渋谷センター街にある『渋谷肉横丁』。ちとせ会館2F・3Fの350坪に26店舗がひしめく、肉好きならばマストで訪れるべき場所です。
ここでは、その中の一店『肉天国』(にくてんのくに)で肉専用サワーとして開発されたという『ジントニ!!』を片手にさまざまなメニューをちょっとフライングで試してみました。、

ポテトサラダも「肉」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「飲み屋ではまずポテトサラダを頼むのが定石」という爆食ライターYELLOW氏の教えに従い、まずはポテトサラダを頼んでみたのですが、ここのものは『肉天ポテトサラダ』(480円)。じゃがいもにひき肉という組み合わせで、サラダ感はゼロです。
とはいえ、しっとりホクホクなじゃがいもとさっと揚げられたひき肉の相性は抜群で、さっぱりとした和風ドレッシングがかけられているので、早くもお酒が進むこと間違いなしの一品でした。

コメがないのに「丼」とはいかに!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いては『炙りサーロイン丼の米なし』(120g・980円)。「丼」なのにコメがないというのはこれいかに? ……という気持ちがなくはありませんが、ともかくカサもあって盛り盛り感のあるビジュアルです。下の方に箸休め的なたまねぎが少量隠されていますが、あとはほぼほぼサーロイン。お味もさっと火を通したレア加減で、ストレートに血へと変換されそう。脂身の少なさも高ポイントです。

海苔のように肉を巻く!『うにく』の背徳感

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各メディアでも肉寿司に定評がある『肉天国』ですが、うにを肉で巻いてしまったという『うにく』(2貫680円)は海の幸と海苔に見立てた肉の旨味の両方を一度に口にしてしまうという背徳感に震えながら食しました。こちらも肉に脂身が少なめなので、想像以上にうにの苦味を感じることができました。挟まったシソの葉が舌をリセットさせる役割を果たしており、B級グルメの域では語れない考えられたメニューであると言っておきましょう。

さまざまな肉を天ぷらに!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『肉天国』のもう一つの看板となっている天ぷら。牛、豚、鶏……さまざまな肉をもっちりとした食感で揚げているのが特徴です。とにかく山盛りで頼んで友人同士でシェアするというのが楽しいのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。