体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぷよぷよ生みの親レジェンド仁井谷『にょきにょき たびだち編』トークイベント・レポ

IMG_0112_f

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」

このセリフがしっくりくるイベントが、2016年11月16日(水)に秋葉原で行われた。“レトロゲームショップで新作ゲームの発表を記念して『ぷよぷよ』生みの親であるおじさんのリサイタルが行われる”という情報濃度高めの出来事だ。

レジェンド仁井谷とは?

20代後半以上の人であれば『ぷよぷよ』シリーズはかなりの知名度ではないだろうか。

名作『ぷよぷよ』を輩出した株式会社コンパイル、その創業者である仁井谷(にいたに)正充氏は、次々に『ぷよぷよ』を中心とした続編を開発していき、会社の業務拡大を図った。一時は文字通り栄華を誇ったコンパイルであったものの、その後経営破たんをきたし2004年に破産廃止という形で消滅してしまう。

IMG_0090_f

その後、紆余曲折あるものの仁井谷氏は、2016年新たにコンパイル○(まる)株式会社を立ち上げ『ぷよぷよ』を超える新作タイトルとして、『にょきにょき たびだち編』(以下『にょきにょき』)を生み出したのだ。コンパイルの消滅から実に12年である。

2016年11月16日(水)、『にょきにょき』3DSダウンロード版リリースを記念して、秋葉原『BEEP』にて20:00からリサイタル含むイベントが行われることになった。今回はその模様をレポートしたいと思う。

関連記事:■【耳疑情報】ぷよぷよ生みの親、仁井谷正充さんが新作「にょきにょき たびだち編」発売を記念し秋葉原でリサイタルを開催、ツーショットチェキ会もあるよ | ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/1549408 [リンク]

レジェンドに意気込みを聞いてみる

イベント開催前。前にお会いした時同様、レジェンド仁井谷氏は飄々(ひょうひょう)としている。
今回のイベントの意気込みを聞いてみた。
「いつもチャラチャラと適当にやってるんで。こういうのは意気込みとか、そういうので気張るとしくじるんですよ。普段のカラオケ屋さん行ったとおりにやる。自然体でね。」

IMG_0076_f

特別なことはしない――そう言って『BEEP』店内でのセッティングをする傍ら、かつてリリースしたタイトルの中古品などを見ながら「これは良く残っていたねえ!」と目を輝かせていた。

IMG_0096_f IMG_0101_f

大方のセッティングやマイクチェックを終えるとレジェンドは着替えに。戻ってくると、目にも鮮やかなピンク色の衣装で登場。「足はさ、運動靴だから写さないでよ(笑)。 白いエナメルとか履いたらいいんだろうけどさ」そう言って、少し恥ずかしそうに笑った。

IMG_0517_f
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。