ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『カラムーチョチップス 奇跡のミックス味』辛くて酸っぱくて鼻にツーン!4つの味を楽しめる奇跡のポテチ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

辛味系の「カラムーチョ」、酸味系の「すっぱムーチョ」、そしておためし新商品ナビでも紹介した湖池屋の3番目のムーチョブランド「わさムーチョ」。これらを一度に食べられたらどんなに良いだろう。そんな欲張りを叶えてくれたのが、ムーチョブランド新キャラクターを務めるひとみおばあちゃん(志村けん)初プロデュースの『カラムーチョチップス 奇跡のミックス味』だ!

1枚に「ムーチョ」ブランド全員集合!

 

『カラムーチョチップス 奇跡のミックス味』(50g・希望小売価格 税込129円・2016年11月7日発売)は、「カラムーチョチップス ホットチリ味」、「すっぱムーチョチップス さっぱりビネガー味」、「すっぱムーチョチップス さっぱり梅味」、「わさムーチョチップス 旨わさび味」の4つの味を混ぜてしまった斬新なもの。

2016年9月15日(木)、ムーチョブランドの新キャラクター就任発表会の際、ひとみおばあちゃんが「新しいお菓子を考えたい」と一言。ひとみおばあちゃんが初めて製品プロデュースをすることになった。

「4つのムーチョは全部おいしいからねぇ~、え~、え~、え~。」と思い付きで4つのムーチョを混ぜたところ、これがおいしかったそう。しかし、年齢のせいあってか作り方を忘れてしまったひとみおばあちゃんのために、奇跡的なおいしさを湖池屋が再現したのが、この『カラムーチョチップス 奇跡のミックス味』だ。

開けてみると、ポテトチップスに唐辛子がちらほら。

 

記者は勘違いしていた。このポテトチップスは、4つの味がするそれぞれのポテトチップスをただ単に寄せ集めただけでなく、1枚のポテトチップスに4つの味を凝縮してしまったのだ。

 

確認のためもう一度言うが、ポテトチップス1枚1枚から、唐辛子とビネガーと梅干しとわさびの味がするのだ。

 

色々なスパイスを混ぜてしまうなんて…とすこし不安に思ったが、食べてみることにしよう。

口にした瞬間に広がるのは、やはり辛味系のロングセラー「カラムーチョ」だ。唐辛子の辛さに顔が火照る。

 

次に、インパクトはそれほど強くはないがほんのりビネガーが梅の酸味。しそのような香りもほんのりと漂う。

 

最後に「わさムーチョ」の鼻に抜けるシャープな辛さと、それらの調味料によって引き立てられたジャガイモの甘味がする。

確かに1枚に4つの味が凝縮された味だが、まぶしてあるパウダーの量やそれぞれの味の強さが異なるため、「カラムーチョ」と「わさムーチョ」が特に際立っているような気がする。「すっぱムーチョ」はそれほど際立って感じないため、最初から最後まで辛いポテトチップスを食べているようだった。

しかしたまに感じられるビネガーや梅の風味を嬉しく思い、味の変化を楽しみながらパクパクと食べ進めるうちに、1袋をあっという間に食べきってしまった。

4つの味を食べ比べしながら、とはまた違って、4つの味をいっぺんに口の中に入れて食べているような感じを想像してもらいたい。「すっぱムーチョ」派の記者には物足りなく感じたが、これはこれで奇跡的においしいと感じた。

 

1枚1枚楽しみながら食べたいポテトチップス。全国のコンビニなどで発売中だ!

 


湖池屋 カラムーチョチップス 奇跡のミックス味 50g×12袋

 

関連記事リンク(外部サイト)

『かけて食べる ポテトチップス お好み焼き味』花かつおパック付属でフリフリして食べるフェイクポテチ!
『スティックわさムーチョ 旨わさび味』「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」に次ぐ第三のムーチョが始動!
『バナップルグミ』キュートなミニミニバナナがりんご風味でおもちゃのように楽しいうまさ!
『フルッツ』がファミマ限定で復活! 新感覚フルーツチップスは生のイチゴよりも美味しい!?
『暴君ハバネロ・暴ポテト』スーッとする汗と視界が開けるような鮮烈な辛さと旨味の集合体で食べやすい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP