ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BiSH 感涙必至“帝王切開”野音ワンマン商品化! 今作より「MONSTERS」ライブ映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年エイベックスからメジャーデビューを飾り、楽器を持たないパンクバンドとして日本中で人気沸騰中のBiSH。様々なジャンルの若者から愛され、ひとつのポップアイコン/ロックアイコンになりつつある彼女たちが、2017年1月18日に初となるライブ単独映像作品『Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開” 日比谷野外大音楽堂』を発売する。

 6月4日 横浜ベイホールを皮切りに全国23か所24公演を回ったBiSH史上最長ツアー【Less Than SEX TOUR】。10月8日に日比谷野外大音楽堂にて行われたツアーファイナルの模様が完全収録される。超豪華なステージセット、BiSHのエモーショナルなパフォーマンスに約3,000人が熱狂し、涙したステージの商品化。終演後「#BiSH野音」がTwitterトレンドの1位を獲得し、SNS上を賞賛のコメントで埋め尽くすほど話題になった同公演は、当日足を運んだ人もBiSHのライブを観たことのない人にも楽しんでもらいたい。

 なお、初回生産限定盤はBlu-rayでのリリース、さらにスリーブ・デジパックの豪華仕様に加え、初のCD化となる人気楽曲「ヒーローワナビー」、完全未発表の新曲「MOON CHiLDREN」を収録したシングルと【Less Than SEX TOUR】全公演に密着した150Pの写真集が同梱される。

 また、今作より鬼気迫るパフォーマンスが印象的な「MONSTERS」の映像がYouTubeにフル公開(https://www.youtube.com/watch?v=lZnyKqJ2ME8)されている。

関連記事リンク(外部サイト)

BiSH 銀杏BOYZ/ガガガSPも出演【SET YOU FREE】初参戦! 四星球/ボイガルとも狂乱「おまえら、ナメんじゃねぇぞぉぉぉ!」
BiSH“BiSHの伝説はBiSHが創る”運命も批判も弱さも跳ね飛ばした革命の一夜……新時代のポップアイコンへ
BiSH『KiLLER BiSH』特集インタビュー「楽器を持たないパンクバンド、人気沸騰中! 新時代のポップアイコンになるまでの軌跡―――」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP