ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽に合わせて炎が揺らめく「Fireside Audiobox」で癒やされよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

炎。火は、人類の文明を飛躍的に推し進めたもので、生活には切っても切れない関係があります。さらに炎には癒やし効果があり、じっと見ているとリラックスできたり、頭をリフレッシュさせる効果があったりします。

僕もキャンプのときは、ひたすら薪を焚べる作業にハマりますね。

そして、音楽も癒やし効果や、リラックスする効果がありますよね。仕事に集中してみたり、気分を盛り上げてみたりと人々の生活に根付き、なにより原始的な感覚で楽しんだりします。

その「炎」と「音楽」を現代のテクノロジーで融合したものが「Fireside Audiobox」です。流れる音楽に合わせて、炎がまるで生きているかのように揺らめくんですよ!

・音楽に合わせて炎がダンスする

Fireside Audioboxは、Bluetoothで接続するオーディオプレイヤーで、iPhoneやAndroid、PCと接続すれば好きな曲が聴けます。

このように炎が揺らめくという特殊なギミックを搭載した場合、決まった曲しか流れないものを想像してしまいがちですが、どんな音楽にも対応しているというのがスゴイ!

記事下部の動画を見るとわかりやすいのですが、16灯の炎が音楽に合わせて大きくなったり小さくなったりします。アクセントが強いところでは左右の炎が大きくなり、静かな旋律を奏でているときは出ているか出ていないかのサイズの炎が揺らめきます。

とても興味深いのが、16灯の炎がそれぞれ連動してまとまった表現をしているということ。すべて大きくなったり小さくなったり・・・ではなくうまくバランスを取りながら盛り上げているんだなぁ。と感心しました。スゴイなコレ。

・インテリア・パーティに最適

詳細なスペックを見てみましょう。一回の充電で8時間以上の音楽再生ができます。で、炎が出る時間は音楽や環境によりますが約8時間続くとのこと。

バッテリーでも8時間持つので、家での使用はもちろん、屋外も含めたパーティ、キャンプでも大活躍間違い無し。

セット内容は本体、ガラスシールド、内蔵バッテリーの充電機とメンテナンスの手順が書かれたマニュアルだそう。ガスボンベは郵送できないので別売り。キャンプで使う市販のものでOKとのことです。

Fireside Audioboxは、クラウドファンディングINDEI GOGOで出資を受け付けていて、商品化が決まっています。気になるお値段は349ドル(約3万7500円)で、出資すれば2017年の4月には届くとのことです。

炎と音楽での癒やし。気になる方はチェックしてみてください。くれぐれにも火事には注意を!

Fireside Audiobox – Light your music on fire. | Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP