ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【知らなきゃ損】東京ミルクチーズ工場のクッキーがマジで美味しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 東京のお土産ってなんだろう?東京で売ってるものは、地方でもデパートに行けば売っているような気もするし、「東京といえばコレ!!」というお土産って……各々浮かぶものはあっても、十人十色な気がするのは私だけだろうか。

そんななか、「これこそ、東京の名物土産のエース的存在になっても良いのでは!?」と思うくらいにめちゃくちゃ美味しいお菓子屋さんに出会ったのでご紹介したい。その名も、『東京ミルクチーズ工場』。

この『東京ミルクチーズ工場』のチョコサンドクッキーが、とにかく美味しい。思わず隣の人に「ちょっと、コレ食べてみて!」と言いたくなるレベルなのである。ちなみに、北海道の”白い恋人”とは違う。全然違う。
“工場”ときくと、都心から離れた郊外をイメージしがちだが、この『東京ミルクチーズ工場』のクッキーはむしろ空の玄関口 羽田空港をはじめ、東京駅や新宿などのターミナル駅を中心としたエリアでの「出展」といった形で販売されている。

こちらのお店はとにかくチーズとミルクにこだわりと自信があるようで、これまでにありそうでなかったクッキーサンドを作りあげているのである。クッキーの種類は『ソルト&カマンベール』、『蜂蜜&ゴルゴンゾーラ』、『ポルチーニ&ゴーダ』の3つ。
なかでも私が特に感動したのは『ポルチーニ&ゴーダ』。

サクッと噛んだ瞬間から口のいっぱいにポルチーニの贅沢な風味が広がり、追いかけるようにしてチーズのコクとほんのりとした酸味が合わさってくる。まるでキノコのリゾットのような味のクッキー。キノコ好きにはたまらない、とってもやみつきになる美味しさで、個人的にとってもオススメだ。

他の2種も、『蜂蜜&ゴルゴンゾーラ』は口に入れた瞬間から蜂蜜の存在をふんわりと感じるクッキーと、ゴルゴンゾーラのチョコの相性が絶妙。『ソルト&カマンベール』はチーズとミルクのシンプルな美味しさを全面に感じる、オーソドックスな味わいが魅力。

決して「変わっている」わけではないのに、「他にはない」美味しさ。その由来は、素材へのこだわりと、素材同士の相性をとことん追求した結果なのだろうなぁ……としみじみ感じる。是非一度賞味してほしい美味しさだ。

■関連リンク
東京ミルクチーズ工場
東京ミルクチーズ工場 Facebookページ
5周年記念のキャンペーン中

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP