ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ撮影がぶれない!ハンディな一脚「Vimble S」はスタビライザーを内蔵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホでの撮影は手軽で便利だが、どうしても手振れが多くなってしまうのが難点。しかしビデオカメラや一眼レフではなくスマホでの撮影にこだわりたい人にオススメなのが「Vimble S」だ。

自撮り棒よりも短く、持ちやすそうなグリップがついた一脚。スタビライザーを内蔵しているので手振れの心配がなくなる。

・三軸ジンバルを内蔵

例えば、歩きながらスマホでビデオ撮影するとしよう。スマホを普通に手に持って撮影した場合、どんなに注意深く歩いても映像はぶれてしまう。

しかしVimble Sにスマホを固定して撮影すれば大丈夫。内蔵する三軸ジンバルで振動や手ぶれが吸収され、非常にスムーズなカメラワークとなる。

ジンバルは電動ながら独自のバッテリーで動き、1回のフル充電で8時間作動する。

・アプリも充実

また、Vimble Sには専用アプリも用意されていて、撮影の質を高めるだけでなく撮影の幅も広げてくれる。

というのも、アプリにはタイムラプス(微速度撮影)やパノラマ、自撮りなどのモードがあり、アーム部分が自動回転するなどして美しく撮影できる。

加えて、被写体の顔を追跡する機能もあり、こちらはインタビューやパフォーマンス撮影などに便利そうだ。

ちなみに、Vimble Sのグリップ部分にシャッターやズームなどのボタンがあるので、操作もスムーズにできそう。

・ウェブログに便利

最近はスマホを使って動画を自撮りして公開したり、ストリーミングしたりする人も増えてきているが、そうしたウェブログ愛好家にはマストのアイテムかもしれない。

Vimble SはクラウドファンディングサイトKickstraterで今なら1388香港ドル(約2万円)〜となっている。出資期限は12月15日まで。

Vimble S/Kickstrater

https://ksr-video.imgix.net/projects/2697586/video-725788-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP