ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3poLstar☆☆☆初のワンマンライブ「LIVE ACROSS」大盛況のうちに終幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3poLstar☆☆☆が、初のワンマンライブ「LIVE ACROSS」を、11月13日にJ-Pop Cafe Shibuyaにて開催した。

この日は3poLstar☆☆☆が重要な目標と言い続けてきた1stワンマンライブ。初のワンマンライブに立ち会うべく、東京のみならず各地から大勢のファンが結集した。

客電が落ちSEが始まると、超満員の会場は大きな歓声に包まれた。RyoZ(MC)のラップが鋭い楽曲「RyoZ」で口火を切ると同時に、観客のボルテージは一気に上がる。続いて、間髪をいれずド派手でアッパーなチューンを息つく間もなく連発した3poLstar☆☆☆。炸裂するRyoZのラップと、DAVE(Vo)の力強い歌声で、圧倒的なパフォーマンスを示した。「Let’s Enjoy!!!」では、RyoZとDAVEはステージからフロアへ降臨、ファンに囲まれながら華麗なステップを披露。超満員の会場は一体となり、歓声が沸き上がった。

“Twinkle Twinkle 3poLstar!”

“Twinkle Twinkle 3poLstar!”

12曲を歌い踊り一度ステージを去った3poLstar☆☆☆は、止まないアンコールを受けて再度ステージに登場。最後の曲に入る前に、彼らはオーディエンスに向けて語り始めた。

「ガムシャラにやるのを馬鹿にする人もいる。でもガムシャラにやってきたから今がある。」

「もっと前に進みたい。上に行きたい。馬鹿な俺らでも、みんなにもっとデカい場所、もっとデカい景色を見せられるようにやっていく。」

RyoZはデビューからの2年間の苦労を振り返り思わず涙を流し、今後の決意を改めて表明。DAVEは弱気だった自分をステージに立つよう誘い一緒に音楽活動を続けてきた相棒、そして家族とオーディエンスに感謝の気持ちを述べた。

MCに続いて彼らの代表曲「アドバンス」を歌唱。音楽をゼロからスタートした当時に自ら作詞した歌詞の意味を、いま改めて噛みしめるように、RyoZは一語一語力強いラップを刻み、DAVEは熱い思いを歌にのせた。

ラストは、本ライブのタイトルにもなっている、7月13日にリリースされた1stシングルの表題曲「アクロス」を披露。最高の盛り上がりでライブをまとめた。

約2時間に及んだワンマンライブは、彼らのガムシャラ感が炸裂し、大盛況の中終幕した。今後も3poLstar☆☆☆の活躍に期待したい。

【セットリスト】
1.RyoZ

2.Moron

3.Departure

4.果てなき道へ

MC

5.flyaway

6.color

MC

7.NEW WORLD

8.come on&Let’s Go

9.DTM

MC

10.Tomorrow never knows

MC

11.Our Story

12.Let’s Enjoy!!

【Enc】

1.アドバンス

2.アクロス




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP