ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽活動休止中のエド・シーラン、難病の女の子のために病室でサプライズ・ライブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在音楽活動休止中の英シンガー・ソングライター、エド・シーランが、長い入院生活を送っている9歳の熱狂的なファンのために即興のベッドサイド・ライブを行った。

 メロディ・ドリスコルちゃんは、生まれた時にレット症候群という珍しい神経系疾患と診断され、歩いたり話したりすることができず、人生のほぼ80%を病院で過ごしながら40回以上の手術を受けている。当初は数年しか生きられないだろうと言われていたが、メロディちゃんは今年の12月には10歳を迎える予定で、母親は娘のことを「生きる奇跡」と呼んでいる。

 そんなメロディちゃんにサプライズを届けるべくイギリスの南東にある病院を訪ねたシーランは、自身の大ファンのためにミニ・ライブを披露した。ヒット曲「フォトグラフ」をウクレレで弾き語りをするシーランを前に、メロディちゃんは大喜びだったようだ。

◎エド・シーランのサプライズ・ライブ動画
https://www.facebook.com/Melodyinmind/videos/1806408322905188/

関連記事リンク(外部サイト)

【第58回グラミー賞】年間最優秀楽曲はエド・シーランが受賞
エド・シーラン、ウェンブリー・スタジアム公演の模様を収めたコンサート・フィルムをリリース
マックルモア&ライアン・ルイス、エド・シーランを迎えた新曲を期間限定無料リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP