体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ペヤング わかめMAXやきそば』SNSで大いに目立てること間違いなしの異色作を食べた!

cr7_5766

近年はインスタグラムなどの写真中心SNSブームのせいで、料理は見た目が非常に重要になっている。どんなに美味しくても、ルックスがSNSで拡散されるようなインパクトがないとダメ。そんな中、溢れるわかめ量がフォトジェニックな『ペヤング わかめMAXやきそば』の登場だ。

見た目はインパクト絶大だが味はシンプルなしょうゆ焼きそば。わかめの旨みをこれでもかと思い知らせる!

cr7_5728
まるか食品『ペヤング わかめMAXやきそば』(117gうち麺90g・希望小売価格 税抜175円・発売中)は、焼きそばと言いながらソース味ではなくしょうゆ味。具材は大量のわかめとともにコーン、ねぎ、レッドベルペパーが入っている。麺は「ペヤングソースやきそば」でお馴染みの細身の油揚げ麺。

cr7_5731
そもそもわかめ焼きそばというメニューが存在するのかどうかも疑わしいし、お店でも見たことがなかったのだが、「クックパッド」には82品が登録されているので、全くのまるか食品の大冒険という訳でもない模様。

cr7_5737
わかめとのハーモニーを重視して採用されたのは、シンプルなしょうゆ味。わかめとしょう油はもちろんベストマッチ。焼きそばとしょうゆも、焼うどんの例もあるので良い組み合わせなはずだ。よし、実際に食べて確認してみよう。

cr7_5746
フタをめくるとかやくとしょう油ソースのパッケージを取り出す。かやくだけを麺の上にあけるのだが、この時点でかなりのわかめ量というのが見て取れる。いわゆる爆発的に増える乾燥わかめの特徴を知っている人ならば、「いいのかよ!?」という量である。

cr7_5752
湯入れをすると磯の香りがふわっと。3分間待って湯切り。排湯口にわかめが詰まるかと心配したが、軽く数回振ればすっきりと湯は切れる。カップ焼きそばはこの湯切りが命。

cr7_5758

ここを適当にこなして水分量を必要以上に残してしまうとソースの味が薄くなり致命傷となるので、気合いで切る。

cr7_5760
そして完全にフタをめくると、出た、一面ディープグリーン。ほとんど麺が見えなくなるほどの量。これは写真を撮ってアップしたくなる気持ちもよくわかる。しょう油ソースをそこに混ぜ合わせるのだが、わかめのせいで周辺に飛び散るので注意。これは難しい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。