体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レトルトカレーはここまで頑張ってくれる

f:id:uralatokyo:20161017185418j:plain

レトルトカレーは温めてご飯にかければ立派な一食。けれど胃袋だけでなく心も満たされるかといえば、そうとも限らないですよね。レトルトカレーが大好物、それさえ食べていればこよなく幸せという人ならばともかく、心のどこかで「手抜きで一食済ませた」という自分に落胆している部分が否定できなくもありません。それにそもそも、白米&ほとんど具のないカレーというビジュアルもさびしい。

そこで、ほんのちょっとのひと手間を加えて、レトルトカレーを変身させてやろうではありませんか。わずかな手間でボリュームも栄養もアップ、見た目でも満たされる。さらに「手抜きにあらず。レトルトカレーを生かしたレシピに挑戦してみた!」という心の満足感も得られます。まさに一石三鳥!

レトルトカレーのアレンジは調べれば山のように出てくるでしょうが、今回は「簡単」なのに「おいしく」、さらに多くの男性にとって重要な「ボリューム」面でも満足できる3品をご紹介します。

焼きカレー

まず、耐熱皿がなかったら、今は100円ショップでも売られているのでこの機会にぜひ入手を。トースターでもオーブンでも皿ごと投入できるので大変便利です。

ご飯とカレーはあらかじめ温めておきます。その上にとろけるチーズを乗せて、チーズが溶けるまでトースターで焼くだけ。

f:id:uralatokyo:20161017185442j:plain

これだけでなに、この外食っぽさ!

ゴージャスさ5割増し!

f:id:uralatokyo:20161017185502j:plain

これは本当においしいです。以前、お店で焼きカレーを食べたときは、ご飯にも少量のカレーが混ぜてある感じでした。でも普通の白米でも十分おいしいです。とろけるチーズの形状はお好み、もしくは冷蔵庫にあるものでどうぞ。

具をプラスカレー

肉や数種類の野菜を小量ずつ切るという面倒も無駄も避けつつ、具沢山カレーに仕立てるには、ミックスベジタブルとひき肉が役立ってくれます。

ボリュームが欲しい場合は、1センチ角程度に切ったじゃがいもも入れましょう。

コツは具を炒めること、具にもカレー味をつけておくこと、の2点です。

ひき肉は牛でも豚でも合いびきでもご自由にどうぞ。ミックスベジタブルと肉との比率もお好みで。

f:id:uralatokyo:20161017185527j:plain

カレー粉と塩コショウを加えて炒めます。カレー粉は最後に振るのではなく、カレー粉そのものを炒めましょう(炒めないと粉っぽいです)。

ここで具にカレー味をつけることで、「具が増えた分ルーが足りない!」という不測の事態を防ぐことができます。

f:id:uralatokyo:20161017185543j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。