ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通 鍋ウィーク】『サッポロ一番 みそラーメンが鍋になりました』 袋麺と味比べしました

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

寒い季節の到来と共に、我が家の“鍋”率も高まってまいりました。鍋と言えば、やっぱりシメ。雑炊、うどん、ラーメン、餅など、シメに食べたいメニューから逆算して鍋のスープを決めるなんてこともしばしば。

最近では鍋用のインスタント麺なども見かけるようになりましたよね。今回は自宅で手軽に調理できる、鍋スープにシメのラーメンがセットになった『サッポロ一番 みそラーメンが鍋になりました』を食べてみました!

その名の通り、『サッポロ一番 みそラーメン』のスープをベースにした鍋を楽しんだ後に、鍋専用のシメのラーメンを味わうことができるこのセット。

鍋専用スープとシメのラーメン2人前×2セットが1パックになって、希望小売価格320円(税抜き)となっています。

パッケージの裏面には、オススメの具材と料理法が記載してあります。今回はこの内容に従って、豚肉、キャベツ、長ねぎ、ぶなしめじ、豆腐、にら、にんじん、もやしを用意してみました。

まずは鍋を楽しみましょう。鍋に水と鍋専用スープを入れて火にかけます。鍋専用スープは袋麺の粉末タイプとは異なり、液状スープが採用されています。

『サッポロ一番』のあの独特な香りが部屋に漂い、この時点で早くもラーメンが食べたいです。はい。

あとは、火の通りにくい具材から順に煮込むだけ。調理も片づけも楽チンなのが鍋のイイところですよね。

スープはポークエキスをベースに、赤味噌、白味噌を合わせ、オニオン、ガーリック、ジンジャーなどの香味野菜が加えられています。ひと口飲んだ瞬間は間違いなく『サッポロ一番』そのものですが、袋麺と比べると、味噌の味わいが強く、逆に香辛料のスパイシーさが抑えられているように感じました。鍋の具材を最大限に味わえるように調整された奥深いコクが感じられます。この後にシメのラーメンが控えているワケですが、白米と一緒にモリモリ食べたい気分です。

鍋の具材が少なくなってきたところで、いよいよシメのラーメンの準備。鍋専用ラーメンは、袋麺と比べて太い麺が採用され、きし麺のように平たくつぶれた形状をしています。

残った鍋スープに水を加え、ラーメンを7分間ほど煮込みます。麺自体に少し味がついているので、水を加えてもスープが薄く感じることはありません。

豚肉と野菜の旨みが鍋スープにとけ込み、この頃には味噌のテイストがよりまろやかに感じられます。袋麺にも余った野菜を投入して食べ比べてみましたが、全くの別モノ。最初の鍋は、ワンランク上の『サッポロ一番』を食べるための準備運動に過ぎなかった、ということを思い知らされました。

スープをたっぷりと吸い込んだ麺は、コシの強いモチモチの食感がベリーグッド。確かに太麺は大正解。この麺を食べるために、この冬は鍋の日がいっそう増えそうな予感です。いや~、それにしてもスープがウマい。さらにごはんと卵を投入して、雑炊にしても間違いないハズ!

なお、『サッポロ一番 みそラーメンが鍋になりました』の他にも、『サッポロ一番 塩らーめんが鍋になりました』も登場していますよ。親しんだ安定の味を鍋でも堪能してみては。

サンヨー食品公式サイト:
http://www.sanyofoods.co.jp/index.html

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP