ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】ブルーノ・マーズが今週も洋楽チャート首位、スティーヴィーxアリアナの最強タッグが初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブルーノ・マーズの「24K・マジック」が、5週目の1位を獲得した今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 遂にエアプレイ・チャートで1位をマークし、デジタル・セールスも先週に引き続き、洋楽勢トップの「24K・マジック」。ツイート、動画再生回数も上位に推移しており、今週金曜日にはいよいよニュー・アルバムがリリースされるので、来週も首位をキープすることが予想される。

 近年では、アルバム・リリースに先行して3~4曲リリースするのが主流になり、ポイントが分散されるケースが多くなったが、ブルーノは2曲のみしか発表いない。ミュージック・ビデオに加え、TVなどでのパフォーマンス映像も「24K・マジック」のものしか公式に公開してないのが、ロング・ヒットし、チャート上位をキープしているの要因の一つと言えるだろう。

 最新作『ニューヨーク9番街57丁目』のリリースに伴いエアプレイ・ポイントが急伸し、7位につけたスティングの「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」は、洋楽チャート4位に大ジャンプアップ。今月末には、プロモーション来日も予定されているため、TOP10キープは必至だ。

 7位には、スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデがタッグを組んだ「フェイス」が初登場。同曲は、アニメーション映画『シング』のエンディング・ソングで、世代を超えた夢のコラボレーションに、アリアナ自身も「夢のようだったわ。」とコメント。来週は、公開されたばかりのリリック・ビデオのポイントも加わり、さらに順位を伸ばしてくることが期待される。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
2位「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
3位「パーフェクト・イリュージョン」レディー・ガガ
4位「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」スティング
5位「ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー」マルーン5
6位「フェイス」スティーヴィー・ワンダー feat.アリアナ・グランデ
7位「シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス~完全ふっ切れ宣言~」リトル・ミックス
8位「ブレンデッド・ファミリー feat.エイサップ・ロッキー」アリシア・キーズ
9位「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」ボン・ジョヴィ
10位「ハッピー」ファレル・ウィリアムス

関連記事リンク(外部サイト)

11月21日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
ブルーノ・マーズ、リリース間近の新作トラックリスト公開&ワールド・ツアー発表
ニューALは間違いなく最高傑作!? 80年代後期の冷涼メロウを焼き直した「ヴェルサーチ・オン・ザ・フロア」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP