ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイヤレスでスマホ充電できるガジェット「Aircharge」は持ち歩きに便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホユーザーの中には電池切れに備えてモバイルバッテリーを持ち歩いている人もいるのではないだろうか。

出先で充電するとなればモバイルバッテリーそのものに加えてケーブルも必要で、バッグの中で絡まったり充電シーンがごちゃついたりするもの。

そこで開発されたのが、ワイヤレス充電を可能にする円盤形のパッドとキーリングのセット「Aircharge」。マイクロUSB、ライトニングどちらの端子にも対応する。

・キーリングがレシーバーに

Airchargeはワイヤレス給電「Qi」を採用している。知っている人もいるかと思うが、Qiを活用するには端末側にレシーバーが必要となる。そのレシーバーの役割を果たすのがキーリングなのだ。

キーリングは直径4センチの円形で、ここにマイクロUSBとライトニングの端子ケーブルを内蔵している。

使う際には、ケーブルをテープ式巻尺のように引っ張り出す。そこについている端子を端末につなげて、キーリングをパッドに乗せるとワイヤレスで充電できる仕組みだ。

・デジカメやヘッドフォンも

マイクロUSBとライトニングの両方に対応するので、どのモバイル端末にも使えるのは便利。また、ヘッドフォンやデジカメなどのガジェット類も充電でき、バッグにしのばせておけば活用する機会は多そうだ。

加えて、専用アプリでは近くのワイヤレス給電スポットを検索できるようにもなっていて、キーリングさえ持っていれば充電チャンスが広がる。

キーリングとパッドのセットは、クラウドファンディングサイトKickstarterで45ポンド(約6000円)〜の出資で入手できる。出資期限は12月10日。

Aircharge/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2682888/video-723673-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP