体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インドの極うまスパイシーメシ「ビリヤニ」を自宅で作ってみた!

f:id:naruse_e:20161020142403j:plain

ふんわりした食感のバスマティ米とたっぷりの肉をインドのスパイスでじっくり炊きこんだビリヤニ。スパイシーでありながらもうま味が詰まったビリヤニを、自宅でも食べたい。

ビリヤニできるかな、できるかな?

どうもこんにちは。メシ通レポーターのいぬかめんです。

これまで、2回ほど名店でのビリヤニの味を堪能してまいりました。

(第1回:最強コメ料理「ビリヤニ」&濃厚コリアンダーカレーをインド料理の名店でかっ食らう!

(第2回:インドを渡り歩いた男が選んだ「ビリヤニがとびっきりウマイ店」を直撃! in 御徒町 )

そのおいしさは、舌に焼きついているはず。そこで、その味を今回は自宅で再現してみたいと思います。

しかし、大丈夫なんだろうか……。

一抹の不安を感じながら、スペアミントとコリアンダーの葉だけをちぎる僕なのでした。

f:id:naruse_e:20161020142504j:plain

しかし、ここは自分を信じましょう! 今回は、ビリヤニにかけて食べるとウマい、ヨーグルトサラダのライタも合わせて作ってみることにします。

使用する材料は以下の通り。

【ビリヤニの材料】(3~4人前) ビリヤニパウダー……大さじ2杯 シナモンスティック……1本 ガラムマサラ……適当 カルダモンシード……適当 フライドオニオン……適当

鶏もも肉……300g バスマティ米……3合 塩……小さじ1杯

コリアンダー……適当 レモン……1/2個

【ライタの材料】(3~4人前) トマト……1/2個 きゅうり……1/2本 スペアミント……適当 ヨーグルト……450g 塩……小さじ1/2杯

正式なレシピを見ずに、記憶を頼りに材料を揃えました。

いざ! 調理開始

まず、3合のバスマティ米を水で研ぎます。バスマティ米は、インド北部やパキスタンで作られているお米。日本のお米よりも、長細いのが特徴です。

ビリヤニといえば、やはりバスマティ米! どこで売ってるんだ、と突っ込まれそうですが、ネットだけでなく輸入品がメインのオシャレなスーパーなんかでも手に入ります。

バスマティ米はフワフワした食感が魅力ですが、あまり研ぎすぎるとパラパラしすぎてしまうような気がしたので、ほどほどにしました。このあと15分~20分ほど水に浸しておきます。

f:id:naruse_e:20161020142541j:plain

米を浸している時間に、空いている炊飯器を使って鶏肉の下ごしらえをしましょう!

料理は手際が大事ですからね。

一口大に切った鶏肉を炊飯器にドカドカと入れて、そこにビリヤニパウダーを大さじ2杯、カルダモン、ガラムマサラ、シナモンスティック、塩小さじ1杯、フライドオニオンを入れます。

ここで解説すると、ビリヤニを作るためにこそ存在しているビリヤニパウダー。コリアンダーやクミンといったカレーでもおなじみのスパイスがミックスされています。ビリヤニを作ろうと思ってネットで買っていたものの、なかなか腰が重く……今日まで温めておりました。

これだけでも十分な気もしますが、もう少し風味を足そうと思い、香りがいいカルダモンとシナモンスティック、そして辛味が強いガラムマサラを投入しました。

そこにさらに塩で味を調整して、食感を楽しむためにフライドオニオンを入れて……うん、多分間違ってないと思います!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。