ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スティングのニューアルバムは「大人のロック」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。11月14日(月)のオンエアでは、スティングのニューアルバム「57th & 9th」について、亀田が解説しました。

スティング自ら「新作はここ数作の中でもよりロックなアルバム」と発言、マネージャーも「スティングがこんなにロックなのは、ポリスの『シンクロニシティ』以来ではないか」とコメントしたほどでしたが、その言葉通り、しばらくロックから遠ざかっていたスティングが、久々にロックなアルバムを披露してくれました! そこで、なぜこのタイミングでロックなアルバムを作ったのか、スティング本人に聞いてみると…

「ただ皆を驚かせたかっただけなんだ。それだけのことだよ。何が最も偉大かを考えて作った。次もそういうことを考えて作ろうと思うよ。驚きはどの音楽にとっても重要な要素なんだ」とのこと。また本作について、次のようにも語ってくれました。

「アルバムの曲の多くは、ニューヨークのことを歌っているわけではないんだ。ニューヨークの雰囲気やエネルギーがコンセプトの特色となっている。毎日、ニューヨークの自宅から職場まで、57thストリートと9thアベニューまで南へ15ブロックほど歩いて通ってて、その間にインスピレーションを受けていた。ニューヨークはとてもドラマチックな街だ。建築物だけでなく、文化、ノイズ、車の往来、街の喧騒もその一部。だからある意味このアルバムに切迫感を与えたんだと思う。そのことは、曲を聞けば感じてくれると思うよ」

亀田もスティングの言う通り、「ニューヨークほど創作意欲を掻き立てる街はない」と同意します。「経済とエンターテインメントの中心地であるニューヨークは、誰もが自分の夢を追いかけることができる街。だから街にとてつもないエネルギーが流れており、スティングをはじめ、多くのアーティストが愛してやまないんだと思います」(亀田)

そして最後に亀田は、スティングのニューアルバムについてこう評していました。

「このアルバム自体が驚きの連続。ポップといっても、いわゆる時代のメインストリームのポップサウンドには乗っかっていません。“一度聴いたら心を揺さぶって離さない”という意味でのポップさがあるんです。陰影があって、エッジがきいていて、洗練されている…まさにニューヨークの街のような折々のグラデーションを感じる、大人のロックアルバムです」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」
放送日時:月・火・水・木曜 13時25分−13時35分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP