ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川崎・藤子ミュージアムに最凶の料理「ジャイアンシチュー」が登場!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2011年9月3日のオープン以来、連日多くの人で賑わっている川崎市の「藤子・F・不二雄ミュージアム」。故・藤子・F・不二雄の作品原画や関連資料を中心に、ここでしか買えないオリジナルグッズや、味わえないカフェメニューが人気を集めています。

そんな、「藤子・F・不二雄ミュージアム」が12月1日よりクリスマス仕様に。ドラえもんのオーナメントが飾られたクリスマスツリーや、クリスマスにまつわるカラー原画6点が新たにお披露目されます。

『ドラえもん』の空き地でお馴染みの土管が設置され、ドラえもんや恐竜のピー助がお出迎えする「はらっぱ」は一面イルミネーションに。昼の楽しげな印象と、夜のロマンティックな印象はそれぞれ雰囲気が違い、記念撮影にピッタリな空間となっています。

そして、何よりのお楽しみがクリスマス限定グッズと、新カフェメニュー。“ドラえもんサンタ”と様々なキャラクターがデザインされたお皿やマグカップは今しか手に入らないスペシャルアイテムですので、買い逃しに気をつけて。

新カフェメニューには、「ドラミちゃんのメロンパン」と「やわらかスネ肉のスネちゃまシチュー」と共に、“ドラえもんグルメ界”最凶の料理である「ジャイアンシチュー」が登場。

「ジャイアンシチュー」とは、「ひき肉とたくあんとしおからとジャムとにぼしと大福と……その他いろいろ」が煮込まれたジャイアンのオリジナル料理。「どうだ、うまいか?」と聞かれたスネ夫が「……すごい!」と泣きながら答えた事からも、その味の凶悪さが想像出来ます。

今回、「藤子・F・不二雄ミュージアム」公式サイトで公開された「ジャイアンシチュー」の写真は白いスープにひき肉がのぞく、ぱっと見は普通のシチューですが、付け合せにジャム、たくあん、にぼしも見える原作に忠実な作り。どんな味がするのが非常に気になります!

クリスマス仕様の「藤子・F・不二雄ミュージアム」は、12月1日~12月25日まで。チケットは事前予約制なので公式サイトをチェックしてからおでかけしてくださいね。

藤子・F・不二雄ミュージアムはじめてのクリスマス♪

※画像は「藤子・F・不二雄ミュージアム」公式サイトより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP