ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、Chromebook上で非サポートと表示されるAndroid版Officeアプリの対応を改善へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週になって一部 Chromebook 上で Google Play ストアから Microsoft Office アプリにアクセスしても、非サポート端末だと表示されてしまう問題について、Microsoft は今後、この問題を修正する意向を示しました。問題は、Google Play ストアにアクセスしても上図のように非サポートと表示されてインストールできないことです。Chrome OS が Google Play に対応するとまず恩恵を受けるのは Android 版 Office を利用できることです。非サポートだと Chromebook の魅力若干薄れてしまいます。Microsoft の Office チームは Chromeunboxed への声明の中で、非サポートと表示されるようになった前後で Chrome OS でも Android アプリをサポートするという戦略に変更はないとしながらも、今後、Google と協力しながら改善に努めるとしています。Source : chromeunboxed

■関連記事
HTC BoltのカメラにProモードのシーン機能やパノラマセルフィー機能が追加
Sonyのスピーカー製品25モデルがSpotify Connectに対応。対応機種リストが公開
上海問屋、Androidに接続して利用できるマイクロスコープ「DN-914213」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP