ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【美活レシピ】週末の「さつまいもデトックス」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「いも類」って太るイメージがありませんか?実はそんなことはなく、キレイを作る栄養をバランス良く含みながら、比較的低カロリーな食材なんです。今回ご紹介したいのは、いも類でもより食物繊維を多く含む「さつまいも」。さつまいものカロリーは100gあたりで言うと132kcal程度。白米が168kcalですから、ごはんよりも低カロリーな上に、食物繊維やビタミン、ミネラル類が含まれるため、よりヘルシーと言えるでしょう。さつまいもに含まれる美容成分と、おすすめのレシピをご紹介します!

さつまいもの「3大美容成分」って?

免疫力を高める!「βカロテン」

βカロテンは、オレンジ色や紫色の野菜に多く含まれる栄養素。にんじんやかぼちゃ、そしてさつまいもが代表選手です。βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わり、目や鼻の粘膜や肌細胞を強くしてくれる働きがあるんです。秋冬の寒さや乾燥に負けない丈夫な肌を作るために、ぜひ摂りたい栄養です。

すっきりフェースラインを叶える!「カリウム」

カリウムは、体の余分な水分を体外へ排出する働きがあり、むくみやすい体質の人は積極的に摂りたい栄養です。また、体内から水分が出ていく時には、必ず一緒に体の老廃物も排出されます。体のめぐりを良くして、すっきりボディをめざしましょう!

アンチエイジングの救世主!「ビタミンC」

美肌といえばビタミンC。実は、いも類には意外なほどにビタミンCが含まれているんです。その量は、さつまいも1本でリンゴ1個の4倍以上!ビタミンCはたんぱく質と結びつき、コラーゲンを生成するため、お肉や魚、豆類などと一緒に頂くとより効果的です。

美肌のための! さつまいもレシピ5選


おやつにもぴったり! さっぱりレモン煮

さつまいものレモン煮

栄養バランスパーフェクト! 「温サラダ」はいかが?

チキンの温サラダプレート

さばとさつまいもの意外な好相性!

さばとさつまいもの中華あんかけ

休日のブランチにもおすすめのヘルシーサンド

さつまいもとベーコンのオープンサンド

秋の定番スイーツはやっぱりこれ♪

はちみつスイートポテト

関連記事リンク(外部サイト)

【美活レシピ】食材が乾くと、美肌になる?〜後編〜
【美活レシピ】食材が乾くと、美肌になる?〜前編〜
【美活レシピ】食べる美容液!にんじんの美肌効果がすごい

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP