体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地主恵亮】自分で釣った魚をプロの寿司職人に握ってもらいたい

f:id:Meshi2_IB:20161013192906j:plain

食レポ。それは奥深く、終わりなく、果てしない。そんな食レポの道を究めるため、地主恵亮は今日も往く。「食」を求めて彷徨い歩く。そして、散る!……のか!?

地主恵亮の「食レポに散る!」第4回

自分で釣った魚で寿司を握ってもらう

f:id:Meshi2_IB:20160215144515j:plain

自分が釣った魚をお店に持ち込み、料理してもらう。なんだか釣り人として、人として、格が上がった気がする。自分で料理をしてもいいけれど、やはりプロが料理すれば格段に美味しくなるだろう。

そこで寿司屋に釣った魚を持ち込んで、お寿司にしてもらおうと思う。新鮮な魚に、プロの腕前。絶対に美味しいだろう。問題は、私が釣り初心者なことだけだ

持ち込む憧れ

人には「格」というものがある。社長やクリエイターなどといった肩書きではない。「格」なのだ。では、その格はどのようにすれば高くなるのか。それは、回らない寿司屋に行くことだ。現代の日本では回らない寿司屋が最も高い格にある。

f:id:Meshi2_IB:20160215144624j:plain

回らない寿司屋に行くことで格が高くなる

さらに格が高くなるのが、そんな寿司屋に自分が釣った魚を持ち込むことだ。常連な感じがするし、それだけ自分が趣味に時間を割くことができる格にいることになる。だって、釣らなくても寿司屋に行けば魚がいる。それなのに、自分で釣った魚を持ち込むのだ。

f:id:Meshi2_IB:20160215144721j:plain

ということで、釣具屋にきました!

本当は初心者

ということで、私も寿司屋に自分が釣った魚を持ち込もうと思う。ただ問題がいくつかある。回らない寿司屋に行ったことがないのだ。そこは強引にアポを取ってお願いした。さらに、私は釣りをほぼしたことがないのだ。釣り初心者なのだ。

f:id:Meshi2_IB:20160215144929j:plain

お店の方に教えてもらいました!

いまの私は医者としての知識がないのにバチスタ手術をするようなものだ。バチスタ手術は慢性心不全に対する左室形成術の一術式のことで、天才医師にしかできない手術だ。私にとっての釣りはそういうことなのだ。釣り初心者なのに、釣った魚を持ち込むので寿司にしてください、と板前さんに事前にお願いしてある。よく考えるとすごいことだ。

f:id:Meshi2_IB:20160215145010j:plain

いろいろ買いました!

冬は魚が美味い、と勝手に思っていたけれど、この時期の釣りは難しいらしい。だが上手くいけば、マコガレイやフッコ(スズキの小さいやつ)が釣れるかもしれない、とのことだった。釣具屋さんにいろいろ教えていただき、いぜ海へと向かった。

f:id:Meshi2_IB:20160217103817j:plain

海に来ました! 天気がよすぎて逆光です!

やる気は人一倍

空も海も青く、絶好の釣り日和に感じるが、風は強く寒い。東京ではこの週、雪も降り、沖縄でも雪が降るかもとニュースは報じていた。全国的に、とにかく寒いのだ。人影もまばらで、「今日は釣れないよ」と、ベテランの釣り人がわざわざ教えにまで来てくれた。

f:id:Meshi2_IB:20160217103952j:plain

とりあえず仕掛けを作って、

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。