体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人工知能がメガネのお似合い度を算出 レコメンドサービス『JINS BRAIN』が超便利

JINS_12

メガネストアでアレコレ試着してみたものの、「何かしっくりこないなぁ」と思って、結局買わず仕舞いなんてことありますよね。自分に似合うメガネなんて自分ではピンとこないし、店員に聞くのも恥ずかしいし、オススメしてもらったとしても本当に似合っているかなんて判断できないし……。

そんな悩めるメガネ難民に朗報です。ユーザーに似合うメガネを“人工知能(AI)”が見極めてくれる時代がやってきました!

人工知能がメガネのお似合い度を採点

JINS BRAIN

ジェイアイエヌが開発したメガネのレコメンドサービス『JINS BRAIN(ジンズ・ブレイン)』は、AIによる機械学習(ディープラーニング)を採用した業界初のシステム。11月9日(金)より、全国のJINS店舗およびJINSのオンラインショップで提供を開始しました。

『JINS BRAIN』には、約3000人のJINSスタッフが、のべ6万枚にも及ぶ画像データを評価した情報を集積。メガネをかけた人の顔画像を認識すると、男性型の感性を持つAIと女性型の感性を持つAIが、それぞれメガネのお似合い度を算出してくれるのです。

『JINS BRAIN』を体験してみた

IMG_6147

JINSスタッフの協力のもと、実際に『JINS BRAIN』を体験してみました。

スタッフの説明によると、「フレームの縦幅は、眉からあごまでの3分の1を目安に」「眉のラインとメガネのリムラインは似た形に」することがメガネ選びのポイント。さらに筆者の場合は、輪郭が卵型(丸顔+面長顔)なので、ベーシックなスクエア型で天地幅(レンズの縦幅)の大きめなフレームが似合いやすいとのことです。

【参考】JINS「メガネ選びのポイント」:
http://www.jins.com/jp/guide/03/page09.html[リンク]

JINS_7

アドバイスに従ってスクエア型のメガネを試着し、タブレット端末のブラウザで立ち上げた『JINS BRAIN』で顔写真を撮影。

JINS_8

すると、男性型のAIはマッチ度61%、女性型のAIはマッチ度79%と、まずまずの採点結果が出ました。男女で評価が分かれるのも面白いです。

JINS_13
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会