ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotifyの一般公開がスタート Shazamとも連携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全世界で1億人以上が利用する音楽ストリーミングサービスSpotifyの記者会見が11月10日に行われ、一般公開の開始が発表された。

 9月29日に日本国内における待望のローンチを果たした『Spotify』。この時点では招待コードが必要となるエントリー制でのサービス開始となったが、この度の一般公開でようやく誰もが利用することが可能となった。広告付きのフリープランと、全ての機能を広告なしで利用することができるプレミアムプランの2通りのプランが用意されている。

 スポティファイジャパン株式会社・代表取締役の玉木一郎氏によると、正式ローンチからの6週間、全体の楽曲再生数の3分の1はプレイリストを通じて行われたものだったとのこと。ゲームのプレイ中や小説などを楽しむ際のBGMとして、その作品に関連したプレイリストを利用するユーザーが多かったと説明した。

 また、音楽認識アプリShazamとの連携も発表された。ユーザーはSpotifyを通じて、Shazamアプリから離れることなく、楽曲をフル視聴したり、Spotify上のプレイリストを利用することができる。

 Spotifyは、Twitterのオーディオカード機能とも連携する。Twitter上で音楽をシェアすると、Spotifyアプリを立ち上げることなく楽曲を30秒間試聴することができる。また、表示されたオーディオカード内からSpotifyを立ち上げることで、フル視聴することも可能。

 さらに、100種類以上のオーディオ機器やテレビ、ゲーム機や車などでSpotifyを利用することができることも発表された。ゲストとして招かれたボーズ株式会社・代表取締役のピエール・ペルラン氏は、「SpotifyとBOSEは全く新しいリスニングの体験を、シンプルという言葉をキーワードにクリエイトしてきました。」とコメントし、BOSEとSpotifyの共同開発によるワイヤレススピーカー『SoundTouch』シリーズとSpotifyアプリの連携について紹介した。プレイリストやアルバム、楽曲を事前に登録しておくことで、アプリの操作を必要とせずワンタッチでそれらを再生することができる。

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイクの『ヴューズ』、Spotifyストリーミング再生数が驚異の30億回突破
Spotifyがついに日本上陸、日本向けに歌詞表示サービスも
【ニューミドルマン養成講座】第5期スタート、Spotify日本ローンチ直前に「エンターテック」の最先端を知る無料セミナーも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP