体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VAMPSは『スターウォーズ』を再現!【HALLOWEEN PARTY 2016】幕張メッセ2日目にDAIGO/RADIO FISH/氣志團/Silent Sirenらが仮装で登場

VAMPSは『スターウォーズ』を再現!【HALLOWEEN PARTY 2016】幕張メッセ2日目にDAIGO/RADIO FISH/氣志團/Silent Sirenらが仮装で登場

 神戸ワールド記念ホールで2日間、そして幕張メッセ国際展示場9、10、11ホールにて3日間の計5日間にわたって開催されたVAMPS主宰のハロウィン・ライブイベント【HALLOWEEN PARTY 2016】。10月29日には幕張メッセの2日目となる公演が行われた。

【HALLOWEEN PARTY 2016】写真

 まずは、小学生の男の子と、天使の羽根を背にしたDAIGOがメインステージに登場。DAIGOはランドセルを男の子に背負わせ、小学生ダンサーたちとダンスを披露し、自身出演CMの完全再現してみせた。そのまま「BUTTERFLY」へと突入し、子どもたちと入れ替わりで男性ダンサーたちが登場。ハードなロックナンバー「無限∞REBIRTH」では「声出せ!」と荒々しく煽り、桑田佳祐、Chara、福山雅治などの歌真似をしつつ、ピアノ伴奏でDREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE」を披露。ラストはHYDE(VAMPS/vo)の歌唱法を忠実に再現しつつも愛情たっぷりに熱唱し、ラストは自身の結婚披露宴で歌ったのをきっかけにリリースされたラブバラード「K S K」でしっとりと締め括った。

 ステージの転換時間には、【HALLOWEEN COLLECTION 2016】と題した参加者の仮装ファッションショーが開催。特別ユニット、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAから、YUKI(Rayflower/DUSTAR-3)と明希(シド)が登場し、ランウェイを闊歩して観客に手を振り沸かせる場面もあった。

 そして、オリエンタルラジオを中心として結成されたダンス・ボーカルグループ、RADIO FISHが登場。「GOLDEN TOWER」「NKT34」とエッジの立ったダンス曲を畳み掛ける。自前の衣装による仮装のコンセプトは『ジョジョの奇妙な冒険』だそうで、中田が扮したのは第四部の殺人鬼・吉良吉影、藤森は第五部のナランチャ。最後には大ヒット曲「PERFECT HUMAN」を披露した。

 続いて、SHOWROOMの動画投稿コンテスト「THE ROAD TO THE HALLOWEEN PARTY 2016 幕張」の投票で2位となり、出演の権利を手にした茉莉花がセンターに登壇。かぼちゃを思い起こさせるオレンジのボリューム感あるドレス姿で、この日配信リリースされた「ありがとうごめんね」など3曲を堂々と歌唱した。

 氣志團は“ちぇるちぇる團”として、りゅうちぇるの仮装で姿を現した。代表曲「One Night Carnival」では決め台詞を「行こうぜ、ちぇるちぇるランドの向こうへ!」と置き換えて笑わせ、「恋人」「喧嘩上等」を続けて披露。また、ゴールデンボンバーの「女々しくて」のリズムトラックと強引にドッキングさせたような、題して「雄々しくて」をパフォーマンス。最後はHYDEが中島美嘉に提供した大ヒット曲「GLAMOROUS SKY」をランウェイを歩きながら披露した。

 その後、SPECIAL PERFORMERとしてメインステージ右横のSPECIAL ACT STAGEに登場したSilent Sirenは、『ズートピア』を仮装テーマにキュートな姿を披露。「八月の夜」で幕を開けると、「DanceMusiQ」「チェリボム」と続け、ハイトーンの甘い歌声とポップなメロディーラインと心地よいリズム隊のアンサンブルを響かせた。

 そしていよいよ、主宰者VAMPSのステージへ。「スターウォーズのテーマ」が鳴り響く中、カイロ・レンに扮したArimatsu(dr)、ダース・シディアスに扮したJIN(key)がライトセーバーを振り回し闘っていると、ダース・モールに扮したK.A.Zが登場。3人での激しい格闘に。それから「ダースベイダーのテーマ」に乗せて、ダースベイターに扮したJu-ken(b)が30機以上と見られるストームトルーパーの隊列を従えて客席通路を練り歩き、メインステージのスモークから巨大な黒い椅子に鎮座するアミダラ女王に扮したHYDEが登場。「DAMNED」ですさまじい歌声を響かせ、「HALLOWEEN PARTY ‐DEATH METAL‐」から最新曲「INSIDE OF ME」へ。その後も「REVOLUTION II」を披露し、最後に「SWEET DREAMS」を届けた。

 イベントの最後は、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA勢揃いで「Penalty Waltz」。指揮者のHYDEはテンポを支配し、いたずらに急に演奏を止めさせてメンバーを翻弄。曲当てクイズなども行ったあと、HYDEとDAIGOでメンバーを一組ずつ紹介し、感謝を伝えると、イベントのテーマ曲「HALLOWEEN PARTY」を、お菓子を撒きながら全員で歌い奏でた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。