ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、WEBサイト上でAndroidの共有メニューを提供できる「Web Share API」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 11 月 8 日、WEB サイト上で Android の共有メニューを提供できる「Web Share API」をリリースしたと発表しました。Android では、アプリ上の共有ボタンから URL や画像・動画をインストールしたアプリを使って共有したり、URL はさらにクリップボードにコピーしたり、NFC 経由で Android ビームを実行することができます。これと同じような操作が WEB サイト上でも可能になります。WEB サイトにもアプリのように共有ボタンが追加されると、情報の共有がアプリのような感覚で行えるほか、WEB アプリがネイティブアプリに近づくことにもなりそうです。公開されたデモ動画の例だと、WEB ページ内に埋め込まれた「Share」ボタンをタップすると、Android ネイティブの共有メニューが表示され、URL を Google Keep に直接保存することができます。Source : Google

■関連記事
Android版「Shazam」にユーザーへのおすすめ曲が次々に表示される「発見」タブが追加
Cyanogen、Android 7.1ベースのCyanogenMod 14.1 Nightlyを配信開始
Google、端末メーカー向けCompatibility DocumentのAndroid 7.0版を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP