体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気軽に石釜をDIY! 自宅でピザパーティーも夢じゃない!?

気軽に石釜をDIY! 自宅でピザパーティーも夢じゃない!?

石窯で焼き上げたナポリ風ピッツアは、香ばしい薪のフレーバーとパリッとした生地がなんとも美味。最近では「石窯キット」なるアイテムを使って自ら石窯をつくり、充実の「石窯ライフ」を送っている人が少なくないらしい。自宅で気軽に夢の石窯ピザパーティーができるのかどうか、そのヒントを探ってみた。

石窯の基本的な仕組みを知ろう

石窯料理の定番「ナポリ風ピッツア」。そもそも「ピッツア」と「ピザ」の違いや「ローマ風」と「ナポリ風」の違いなど気になる点はあるものの、それに関しては本題から外れるので省略するとして、まずは主役となる石窯の種類を調べてみた。

話を聞いたのは石窯キットを通信販売しているwebサイト「薪クラブ」を運営する、石谷林業。その社名が示すとおり、木材会社として薪も販売しており、関連アイテムとして10年ほど前から家庭用石窯キットの取り扱いをはじめた。

そもそも「石窯」とは、石、ブロック、耐火セメント、土などでつくった窯の内部で火をおこして調理ができる炉のこと。イタリアンレストランなどでよく見かける石窯は、大型でかなりの重量があり、もはや一種の建造物といえるだろう。

石窯で調理するときは、窯の中で薪などを燃やし、まず内部の温度を十分に上げる。蓄熱性が高い石窯は、しっかり時間をかけて予熱するのがポイントだ。蓄熱された石窯は輻射熱でさらに加熱され、家庭用オーブンでは出せない高温での調理が可能になる。ちなみにピッツアの適温は400度以上。専用の温度計もあるが、内部の黒いススが白く焼き切れたら適温に近い合図だ。【画像1】薪を燃やしてしっかり予熱をとる。十分温まれば燃料を取り出しても調理できる。家庭用石窯キットなど開口部や炉自体が小さな石窯の場合は炭を利用する(写真提供/石谷林業薪クラブ)

【画像1】薪を燃やしてしっかり予熱をとる。十分温まれば燃料を取り出しても調理できる。家庭用石窯キットなど開口部や炉自体が小さな石窯の場合は炭を利用する(写真提供/石谷林業薪クラブ)

「石窯キット」には果たしてどんな種類があるのか

DIYでつくる石窯キットには、形状の違いにより大きくふたつの種類がある。ひとつは「箱形」と呼ばれ、その名のとおりレンガやブロックを積み上げ、四角い形をしたもの。比較的製作しやすい半面、熱の滞留性にやや劣る。箱形には操作性を上げるため内部が二段構造になったものもある。【画像2】耐火レンガを積み上げた箱形の石窯。これは二段式で下の開口部から薪を入れ内部を温める。なお薪クラブの全ての箱形の石窯キットは熱の滞留性もしっかり考慮されている(写真提供/石谷林業薪クラブ)

【画像2】耐火レンガを積み上げた箱形の石窯。これは二段式で下の開口部から薪を入れ内部を温める。なお薪クラブの全ての箱形の石窯キットは熱の滞留性もしっかり考慮されている(写真提供/石谷林業薪クラブ)

もうひとつは「ドーム型」と呼ばれる石窯。これは蓄熱性にも優れ、輻射熱が素材に集中する点、見た目の美しさなど、あらゆる点で理想的な形状をしている。欠点としては、製作に熟練の技が必要で、素人ではなかなか手が出せないことだろう。

とはいえ「石窯キット」のドーム型は、すでにドームが耐火コンクリートで成型されていて、設置場所さえ確保できれば比較的簡単に手に入れることができるのがうれしい。

【画像3】見た目もおしゃれなドーム型。しかしこれをイチからつくるにはそれなりの技術が必要だ。(写真提供/石谷林業薪クラブ)

【画像3】見た目もおしゃれなドーム型。しかしこれをイチからつくるにはそれなりの技術が必要だ。(写真提供/石谷林業薪クラブ)

「薪クラブ」で取り扱っている「石窯キット」の価格は3万円台から80万円台と幅広い。金額が大きくなればなるほど、石窯も大型化して見た目も本格的になる。80万円は無理でも3万円台からと聞けば、少しばかり奮発すれば十分手の届く範囲だろう。

はたして石窯は住宅街で設置できるものなの?

石窯キットの購入層は30代以上の人で「庭付き一戸建て」、もしくは「郊外に別荘」を所有する人に限られるようだ。これはつまり石窯を設置するための屋外スペースを確保できる人たちといえる。その広さは石窯の設置場所と作業スペースなど含め「畳2畳分」。この広さなら、郊外の別荘購入は無理だとしても、自宅の庭を活用できる人も多いはず。

例えば「耐火レンガ製家庭用ミニ石窯キット」(3万2054円/税込)なら、必要なときに耐火レンガを積み上げて、箱形の石窯をわずか15分程度でセッティングできる。レンガを固定しないので、使わないときはコンパクトに収納できる優れもの。【画像4】「耐火レンガ製家庭用ミニ石窯キット」は簡単に設置でき、分解収納もできる。アレンジ自由で入門者にはおすすめ。※下のコンクリートブロックは付属しない(写真提供/石谷林業薪クラブ)

【画像4】「耐火レンガ製家庭用ミニ石窯キット」は簡単に設置でき、分解収納もできる。アレンジ自由で入門者にはおすすめ。※下のコンクリートブロックは付属しない(写真提供/石谷林業薪クラブ)

住宅街で石窯を使用する際にもうひとつ気になるのが、燃料を燃やす際の「煙」。薪クラブストアマネージャーの日下直紀さんによると「田舎だと石窯から煙が上がっているのを見ると、ご近所の人も一緒に石窯を楽しみに集まってくる(笑)」らしいが、都市部の場合、近所迷惑はもちろん、火災と誤解されたり、なにかとトラブルになる可能性もある。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。