ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレイク、カニエ、F・オーシャンらともコラボ! 新鋭サンファによる貴重なピアノ弾き語りライブ決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先日デビュー作のリリースを発表したばかりの新鋭サンファが、ピアノ弾き語りというプライベートなセットを披露することが明らかになった。

 The xxを始め、FKAツイッグスやSBTRKT、新進気鋭のアーティストを輩出しているUKの名門レーベル<Young Turks>に所属する英サウスロンドン・モーデン出身のシンガー/プロデューサー、Sampha(サンファ)。

 10代前半から楽曲の制作をスタート。SBTRKTのデビュー作で多くの楽曲でヴォーカルを務め、ツアーにもゲスト・ヴォーカルとして参加。2013年には、ドレイクの「Too Much」への参加やEPをリリースするなど精力的に活動を続け、2014年に【BBC Sound Of 2014】にノミネートされた。2016年6月にはカニエ・ウェスト最大の問題作『The Life of Pablo』の収録曲「Saint Pablo」にフィーチャリングされ、また先日リリースされたフランク・オーシャンの待望の新作『Endless』収録の「Alabama」にもフィーチャーされるなど、大物アーティスト達からのラブコールが殺到。NYとLA公演を共にソールドアウトさせ、今USのシーンからも熱い注目を浴びている。

 そんな彼の貴重なソロ・ピアノ・ショーは、12月7日に東京・渋谷 WWW Xにて開催。チケットの一般発売は、11月19日からとなっている。

◎公演情報
【Sampha (Solo Piano Show)】
東京 2016年12月7日(水)渋谷 WWW X
前売:3,500円(スタンディング / 税込 / 1ドリンク別)
OPEN 19:30 / START 20:30
INFO: SMASH http://smash-jpn.com

関連記事リンク(外部サイト)

ジョン・レジェンドのさらなる“進化”……チャンス・ザ・ラッパーやミゲルら参加の最新作からMV一部を公開
チャーリー・XCXが遂に再始動!特徴的なサビとエグいMVが印象的な「アフター・ジ・アフターパーティー」(Song Review)
“幻のアルバム”も収録されたボウイBOXセット第2弾 その内容が映し出す残酷なまでの自己批評眼(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP