ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ローグ・ワン』関連おもちゃはまずこれに注目! デス・トルーパー&K-2SO特集

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月16日に公開を控える、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品となる映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(以下『ローグ・ワン』)。今回も各社が様々な関連アイテムの発売を予定している中、タカラトミーはいち早くラインアップを拡充しています。旧作の関連製品含め、9月30日に投入された36アイテムの中から、『ローグ・ワン』の注目キャラクターであるデス・トルーパーとK-2SOのアイテムをピックアップしてご紹介します。


タカラトミーの第1弾ラインアップの中で6アイテムが発売されたのが、帝国軍のエリート部隊であるデス・トルーパーと、リプログラミングされ反乱軍側についたドロイドのK-2SO。中でもデス・トルーパーは、『ローグ・ワン』関連製品パッケージのキービジュアルに採用されている注目キャラクターです。

迫力満点! 『31インチフィギュア デス・トルーパー』


全高80センチと迫力満点なのが『31インチフィギュア デス・トルーパー』。ストームトルーパーもエリート部隊なのですが、白い装甲や劇中のやられ役っぷりが親しみを持てたのに対して、全身黒ずくめのデス・トルーパーはスキのないカッコよさ。


ヘルメットやグローブはつや消しの黒、装甲はつやのあるピアノブラック、装甲の下はラバー風の黒と、質感のコントラストが印象的です。


目を保護するヘルメットのシールド部は緑に彩色されています。


首、肩、腰、手首が可動。ポージングの自由度は少ないですが、立ち姿の迫力を楽しむのには十分ではないでしょうか。価格は9000円(税別)。

ディテールにこだわりアリ 『19インチフィギュア デス・トルーパー』



全高48センチのビッグフィギュアもラインアップ。肩のプロテクターなど、通常兵と装備が異なる“デス・トルーパー スペシャリスト”を立体化しています。



武器はブラスター・ピストルとブラスター・ライフルの2種類が付属。ブラスター・ピストルは腰に取り付けられるという芸の細かさ。


首、肩、手首、足が可動し、『ベーシックフィギュア』同等のポージングが可能。価格は5000円(税別)です。


31インチと19インチを組み合わせると、遠近法! な奥行き感のあるディスプレイができます。

なりきって遊べ! 『ボイスチェンジャーマスク デス・トルーパー』


かぶって遊べるボイスチェンジャーマスクもあります。緑のシールドが印象的。


造形のディテールはもちろん、塗装のはがれの再現など彩色もハイディテール!


右側面のボタンを押すとあごの部分のライトが点灯し、ボイスチェンジャーが45秒間作動します。価格は6800円(税別)です。

長身のドロイドを再現 『31インチフィギュア K-2SO』


続いて、反乱軍で主人公ジン・アーソらが所属する“ローグ・ワン”と行動を共にするドロイドK-2SO。2メートルは超えるであろう長身で、トレーラーでも印象に残る、存在感のあるキャラクターです。こちらも全高80センチのフィギュアが登場。



もともと帝国軍のセキュリティ・ドロイドだった名残、肩の帝国軍マークもしっかり再現されています。



首関節にはボールジョイントを採用し、首をかしげるなど表情豊かなポージングが可能。ほかに肩、手首が可動します。価格は9000円(税別)。

全身のバランスが美しい 『20インチフィギュア K-2SO』


全高50センチの『20インチフィギュア K-2SO』。きゃしゃな手足が忠実に再現され、立ち姿のバランスが美しいのが特徴です。


首、肩、手首、足が可動するので、自由度の高いポージングが可能。スタンドなどをうまく使って、劇中のポーズを再現してみたくなります。価格は5000円(税別)。

K-2SOは定番の『ベーシックフィギュア』もあり


『スター・ウォーズ』フィギュアといえば、全高約10センチの『ベーシックフィギュア』。Hasbro社に買収された米Kenner Products社が製品化した、1978年から続く定番フィギュアです。『ローグ・ワン』関連の『ベーシックフィギュア』第1弾には、K-2SOもラインアップされています。



コレクションして飾りやすいサイズ感と、伝統を感じさせるレトロな質感が魅力。ポージングの自由度は高く、劇中のシーンも再現しやすそうです。


最近のシリーズの特徴として、フィギュアに装着して遊べるオマケの武器パーツも付属します。



スマートフォンアプリ『Hasbro STAR WARS STUDIO FX』との連動機能も。付属のQRコードを読み取るとシーンが追加され、アプリから『スター・ウォーズ』キャラクターとフィギュアが共演するショートムービーを撮影することができます。『ベーシックフィギュア』は1200円(税別)。


K-2SOフィギュア各種をオフィスの机に置いてみました。『ベーシックフィギュア』は机の上のマスコット的な存在に。


『20インチフィギュア K-2SO』はなかなかの存在感ですが、優しく見守る“ガーディアン”的な存在に感じられます。


『31インチフィギュア K-2SO』になると、もう完全に監視されています。緊張感を持って仕事をしたいときにいかが?

『スター・ウォーズ』フィギュアは種類が多すぎて手が出せなかった、という人にも、スピンオフ作品である『ローグ・ワン』ならオススメ。最低限、デス・トルーパーとK-2SOを押さえておけば立派なコレクションになりますよ!

STARWARS(スターウォーズ)|タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/products/starwars/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP